無料ブログはココログ

2017年7月28日 (金)

盆提灯の元祖、切子燈籠

盆提灯の元祖、切子燈籠

ふだんさがってないものが、左右対称に吊るされていました。
これはなんですか、と尋ねると、きりことうろうです、と山田住職。

盆提灯の大元だそうで、二十五年ほど前から盆が近づくと提げられているとのこと。

ネットで調べてみました。
以下引用記事です。

浄土真宗の切子灯籠(きりことうろう)について
Q 切子灯龍とは何ですか? 
浄土真宗では切子灯籠を用います。
またお西(本願寺派)・お東(大谷派)専用の切子灯籠もあります。
切子灯籠は向かえ火としての門提灯の役割を果たすものが多く、九州では大分県中津の切子灯籠が有名です。また近畿・四国地方の一部などでは豪華な切子灯籠を初盆に飾るという習慣があります。
このように切子灯籠は全国各地でその地域特有の特色・仕様があります。

盆提灯の習慣が広がったのは江戸時代、切子灯籠は盆提灯の代表的なもので、軒先に吊された切子灯籠を描いた資料を多く見ることができます。歌川国貞(1786~1865)の浮世絵「五節句のうち文月」には、切子灯籠の下で盆踊りを楽しむ女性の姿を描いたものがあり、十九世紀初頭の『阿波国風俗問答』では「夜分は軒にきりこ灯籠を灯し申し候」という一文があります。


切子灯龍は角を落とした多面体の火袋を特徴としますが、この多面体は「籠目」であり籠目(かごめ)には悪霊を払う力があるとされています。また、切子灯籠の隅に付けられる垂流は、無縁の精霊の魔を除ける力があるとも言われています。初盆用の灯籠として用いられる場合は新霊(荒魂)に対しての灯籠ということになります。

引用元 http://bonchochin.main.jp/01/09.html

2017年7月27日 (木)

浄徳寺でお仏具磨き

浄徳寺でお仏具磨き

浄徳寺でお仏具磨き

浄徳寺でお仏具磨き

檀家は地域ごとの班になっています。
わたしたちの小班から六人参拝しました。一人男性参加です。

おとき調理に二人回って、四人で、お坊さまのご指導のもと、
一心に磨きました。
広い本堂の三ヶ所にシートが敷かれ、その一枚に
金銅(なんていうのかな?金鍍金、真鍮製だろうか。とても重い)
の鐘だの鶴だの亀だの、
仏事を荘厳するためのお飾りが並べられていました。

うわ、こんなに磨くの、とたじろぐ。

夏場のお講賄いは、仏具磨きのおつとめつき。
翌日の班が25人だそうで、四人で十個ほどしか終えることが出来なかった
わが班は、安堵しました。

軍手も二種類、ウエスもたくさん、歯ブラシにクリーム、油とりの新聞紙。
準備もさることながら、御坊様も作業着姿でご指導なさいました。
お寺はすべてがきちんとしていて、気持ちがいいです。

御坊様には作業中、法事のお勤め依頼が入り、中座されました。
八時半から出てきて、二時間くらい磨いたでしょうか。

あとは調理を手伝い、御坊様がお勤めから帰られるのを待って、
みんなでこの清き食を受く。
お疲れ様でした。

2017年5月 1日 (月)

裏山に忌明けの納骨を

裏山に忌明けの納骨を
裏山に忌明けの納骨を
裏山に忌明けの納骨を

2017年3月21日 (火)

本唄 相撲甚句

image.movをダウンロード

出来ないようです。動画送信。

母の誕生日に米寿祝いをしました。
有縁の人たちが一緒に祝って下さいました。
おうたい三番もあがり、相撲甚句も二人のそれぞれ異なるものを
あげてもらいました。
着物ではなかったけれど、黒田節も三味線伴奏で踊ってもらう。

久しぶりでした、法事ではなく祝宴は。
母も嬉しかったようです。


次の朝、
佐世保に葬儀に行く。
伯母が母の誕生日に亡くなっていました。

従兄は朝それを知っていながら、
米寿祝いが済むまで、黙っていてくれたのです。

高齢の伯母の老衰死、と、
母の祝いと。

同じ日に重なったこともえにしの深さか。

佐世保のおばさん、これまでいろいろありがとうございました。
優しい温かいおばさんでした。

こどものころ、夏休みに長く泊りました。
九十九島めぐりも、家のすぐそばの入江から漕ぎ出す船も、家のまわりにいた蟹も、邦子ちゃんも順子ちゃんも、懐かしい。おばさんはあのころのまま。

ご冥福を祈ります。

2017年2月20日 (月)

米寿と尺

米寿と尺

竹尺、むかし、縁者から米寿祝いに戴いたらしく。
ことし米寿の、母のネコの手役になってます。

2017年2月16日 (木)

うみはちまん

埼玉の幼馴染から電話をもらう。
むすめさんが五月に出産されるとか。
その前に、ご主人の転勤で糟屋郡に引っ越すらしい。
それを聞いて、すぐさま言ったよ。

うみはちまんにお参りしたら、安産よ。

糟屋郡には宇美八幡宮があります。

宇美八幡宮では安産祈願のために子安の石を持って帰り、無事に出産を終えると新しい石に赤ちゃんの氏名、生年月日、出生体重を書いて、持って帰った石と一緒に納めるという習わしがあります。

いにしえ、神功皇后が応神天皇をうみおとされたという由緒ある地です。

かささぎの旗管理人も末子のときに家族で何度もお参りしました。

あ、それでかな。かれは
若八幡
の近くに今います。
なんらかの関連があるのでしょう。
いつか調べなきゃ。磐井との関係も。

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-0b20.html

若八幡、博多に住んでた頃、厄払いに参拝したのは、博多駅近くの若八幡でした。
こちらのほうが、ずっと古い印象を持ちました。
まるきり商売っ気がないのもあるのかもしれませんね。

2017年1月 2日 (月)

みやけの若八幡参拝

はじめて息子の住んでるとこまで行った
すると、お宮の幟がでている
新年だし、すぐ前にあるアパートだし
おかみさんに挨拶してきました
お神さん、でございます

2016年12月 4日 (日)

注連縄作りとお座

注連縄作りとお座
注連縄作りとお座
注連縄作りとお座
注連縄作りとお座
注連縄作りとお座
注連縄作りとお座

2016年8月25日 (木)

ごくさん


今日は村のよどまつり、私は隣組長で、息子はお宮のこぜわ係りで、それぞれ出なきゃなりませぬ。
残業せずにささっと帰ります。
ごくさんを炊いて神前に上げる係りを引き受けました。
ごくさん、は、御供さん、だろうか。

白米のご飯です。

母に頼みたかったけど、炊飯器を五時半予約にセット。ねえ、これは炊き上がり時間、それともスイッチオンの時間?

滅多に予約しないから、忘れた。

とにかく、仕事が定刻におわれば、脱兎のごとく、おうちへ帰ろう。

2016年5月 2日 (月)

瓦って、重たいねえ

瓦って、重たいねえ


真宗本廟御堂瓦
左が12.7キロ
右が7.1キロ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31