無料ブログはココログ

2017年6月20日 (火)

雨前に焼却ゴミに出せるかな。キロ10円てよ。

今朝、仕事に出掛ける前、日曜日に刈った草や笹や木屑を半分ほど、片付けました。
息子も早起きして手伝ってくれました。

明日朝八時に焼却場へ運んでもらう約束ではあるのですが、
天気が心配で、
もし雨がひどく降るようだと、流されるかもしれません。
きれいさっぱり流されてくれるならともかく、やはり、迷惑はかけられません。
それで、一輪車に少しずつ積んで、何度も往復。

植木屋さんの斎藤さんが、みかねて助けて下さいました。
紐でくくるというやりかた!

有難いっす。

2017年6月19日 (月)

川岸の除草

川岸の除草

ぎんようさんが、何年も住んでいらっしゃらなかったのですか?
と、正直な一言。
ははっ、ざっと十年、この日のために手をいれず、ゲンジョウホゾンしておりました。

川岸の除草

2017年6月 9日 (金)

減圧弁と軟水器

減圧弁と軟水器

これは、どこかで使用中のスチコンのメンテナンス場面。
いつもは新品の製品の梱包をやっています。
減圧弁も軟水器も使用中の姿を見たことなかったのでメモがわりに。
スチコンの標準装備ではあります。

2017年6月 7日 (水)

注文を間違える料理店に思うことに思うこと。

http://golden-tamatama.com/blog-entry-mistake-order-shop.html


〓久々にスカッとしたわ。

認知症のかたたちが店員さんのレストランの話。

わたしも間違えてばかりです。

毎朝みんなで輪になり唱える合言葉を間違える。

締め忘れをなくそう!

(今朝はそうじゃないでしょ、)

欠品をなくそう!

はい、ゴメンなさい。

もはや人ごとではなーい!のだ。




2017年2月 3日 (金)

日に日に新た

旅の記録、
二日目に見た大坂城をアップしようとしたが、失敗す。

写真、二枚しか撮れていず。

去年熊本城に感動してたくさん写し沢山アップした。


写真にどこか怖じ気づいている。

ウツスコトハつくづくコハイ。


城をのぼり、城を降りたら、雨が降ってきたのだった。

大坂城夏の陣で戦い各地に離散した落武者のなかに、八女の中島氏もいたのだろうか。
中島内蔵助について熱く語ってくださったかたも、夢のように亡くなられてしまった。

旅の一日目にあべのハルカスからみた街、
翌日大坂城の壮麗な天守閣からみえた街。
おなじもののはずなのに。

「 すべてのものは日に日に新た 」

工場のラインの壁に貼られたカレンダーにあることば。

松下幸之助さんのことばらしい。


2017年1月13日 (金)

御正忌さんの案内状を配る茶畑

御正忌さんの案内状を配る茶畑

はなさいて冬になりしぞ茶のはたけ 一斎

刈り込まれなければふぬけ茶のはたけ かささぎ

茶の花に暖き日のしまひかな 虚子
明治三十六年

2016年10月31日 (月)

昼休みに

昼休みに

昼休み、普通は食堂でみんなと食べますが、
買い物がある日は、車中食。新聞の切り抜きをまとめて読みながら。
聞き書きシリーズのみわかろくさんのが面白くて、でも、すぐ横のこだま欄にも目がいって、

昼休みに

食べ終われば二十五分でした。
すぐドラ森に向かい、母の買い物をしました。
靴下やなんやかや。
牛乳がみどり牛乳で好きなので、かいました。ちょーヤス!

それでまた帰りました。四十五分、ちょうどの時間。

2016年4月21日 (木)

あなほてるくまもと、臨時休業。

http://www.anaihghotels.co.jp/search/kyu/cp-kmjja/

ここにとまった。くまもとへの社員りょこうで。

とてもながめのよいへやに18のむすめさんとふたりで。

ふときになり、しらべたら。高層ビル、おそろしかったことでしょう。

2016年4月 5日 (火)

息子の引っ越し

昨日、レンタル軽トラで。 私も兄も誰も身内は手伝えず、 いつも献身的に手伝ってくれる、忠見の藤山くんと、ほかに友人夫婦?が手伝ってくれたそうです。 母の情報。 まだ本人と会話してません。 一度で運びきれず、また今日も運ぶようだ。 黒川温泉は良い職場でした。 厳しいことはありがたし。 帰ってきて、たけのこご飯とイワシの塩焼きと味噌汁という夕食を食べさせたら、 あ、髪の毛入ってる! 黒川のゆうさいでは一度もなかったからね。 コックが見て、盛りつけ人がみて、配膳が見て、と三重にチェックしてたから。 へえーそりゃすごいね、前バイトしてたとこではどうだったの。 あったんだよ。ふつう、あるよ。 そうなんだ。病院食にも細心の用心していても、輪ゴムの異物混入とかあったよ。 引っ越しのはなしが、職場のはなしになってしまいました。 藤山くんと仲間たち、いつもありがとうございます。 御礼もできず、申し訳ないと思っています。

2016年3月28日 (月)

診療報酬を学ぶ。

診療報酬を学ぶ。

という検索用語で、毎月一回かささぎの旗にアクセスしてくださっている方がいらっしゃる。

まいあさ、わずかな時間で橋爪章先生の講義をコピペし転載。
しらないことばがあれば調べ、たいがいは日々の感慨をつづって、本文とのあいだにはうんと隙間があいたとて、それなりに大事にしてきた。

四月から実施される診療報酬改定。

具体的にどこがどうかわるのか、日曜の新聞が簡潔にまとめてくれた。

ありがたし。
毎朝大量にあっちからこっちへ情報を移すだけで、ものを考えていない。

その大見出し。

かかりつけ医療」の整備。

かかりつけのお医者さんに、かかりつけの薬剤師さん。
くすりを一元管理することの大切さ。
その土地の患者を全体的に把握すること。

あら、

かかりつけの歯医者さんがもれているわ。

そこでぐぐると、こんな記事を見つけた。

      なぜ、「かかりつけ歯科医」のいる人は長寿なのか?
http://www.kato.or.jp/kato-blog/dr-blog/6393/

「かかりつけ歯科医機能」には11要件を提示
 かかりつけ歯科医機能については、
(1)患者個人ごとのニーズに対応した健康教育・相談機能、
(2)必要とされる歯科医療への対応機能、
(3)チーム医療実践のための連携および紹介または指示機能、
(4)要介護高齢者・障害者に適切な歯科サービス提供のための機能、
(5)福祉施設および在宅患者に対する歯科医療・訪問指導機能、
(6)定期的なプロフェッショナルケアを基本とした予防管理機能が期待されるとし、条件案が提示された。
 具備すべき条件案(表)には、具体的に11の要件が示されているが、中医協で出された資料によれば、歯科訪問診療を行っている医療機関は全体の約20%、歯科外来環境体制加算の届出医療機関は約12%、在宅療養支援歯科診療所は約9%となっており、複数の常勤歯科医師あるいは常勤の歯科衛生士の配置などの条件も考慮すると、そのハードルは高いと言える。また、これらの条件を満たした場合に算定する新たな点数が設定されることになるが、新設点数が要件に見合う点数となるのか、厳しい算定制限が設けられるのかなども気にかかる。
http://aichi-hkn.jp/member/shikakaitei2016.html(愛知)

橋爪章のブログです、より

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-0c3e.html

かかりつけ歯科医機能の評価 ~積極的な再石灰化を促進

このみだしにしたのは、あれ?フッ素は毒だったはずなのにな。

とのおもいがあったから。

ここ、みて。

http://health-to-you.jp/toothdecay/fussonogai0315/

時代は変わるなあ。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30