無料ブログはココログ

« 綾杉るな著 神功皇后伝承を歩く 上下 | トップページ | 三号線の朱雀大路信号 まださくら残ってた »

2017年4月18日 (火)

るなさんからいただいた資料

ありなれ川

http://lunabura.exblog.jp/22974175/

わたしはるなさんがマナベマナベと言われる度、
俳人真鍋くれお先生と、古代イスラエルのマナベ
を連想します。地名なのかな、国名なのかな。わからんが


追記

間違えてた
マナベじゃなく、マナセでした

失われた10部族
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/マナセ

ヘブライ語のマナセは、忘れさせる者、だそうな

« 綾杉るな著 神功皇后伝承を歩く 上下 | トップページ | 三号線の朱雀大路信号 まださくら残ってた »

コメント

同じ隣組にとびかたやまのお宮から嫁いできた玉子さんがいらっしゃった。もう、引っ越されて、いろいろ聞けませんが。
たまこ、というおなまえ、もしや玉垂からかもしれません。
息子さんが三人、全員僧侶風のお名前でした。
つづく

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/70298312

この記事へのトラックバック一覧です: るなさんからいただいた資料:

« 綾杉るな著 神功皇后伝承を歩く 上下 | トップページ | 三号線の朱雀大路信号 まださくら残ってた »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31