無料ブログはココログ

« こんにゃく! | トップページ | 薇みれば瀧春樹師おもほゆ。 »

2017年3月28日 (火)

くめんいも、てのは、ヤツガシラだったよ。

くめんいも、てのは、ヤツガシラだったよ。

« こんにゃく! | トップページ | 薇みれば瀧春樹師おもほゆ。 »

コメント

隣に住む叔母がなくなった。
これで舅方のおじおばはだれもいなくなった。
長年、苺の栽培をしていた叔母。
弔問客のなかに腰の曲がったおばあさんが三人おられた。
いちごなかまである。
いちばん腰の曲がったおばあさんが「さみしなったのう。どんどん、ともだちがおらんごとなる」とぽつりとおっしゃった。

一昨年のいまごろ、叔母が「茎を食べる水芋」の種イモをくれた。里いもの形態とはまったく異なる芋だねだった。
くめんいも。
芋からつながる記憶として書いた。

叔母上のご逝去、お悔やみ申し上げます。
お隣であれば心頼みにしておられたことでしょう。
寂しかろ。
水芋の茎、やわらかくて無味、爽やかな味。種芋見たことはないが、長野の従姉のところに茂ってるのを見たことはある。よく頂きます、ブルーベリージャムと一緒に。あの時期です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くめんいも、てのは、ヤツガシラだったよ。:

« こんにゃく! | トップページ | 薇みれば瀧春樹師おもほゆ。 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31