無料ブログはココログ

« 囀り | トップページ | なが!どやって曲がるん。 »

2017年3月 8日 (水)

墨作二郎点鐘主宰の死と遺句集

墨作二郎点鐘主宰の死と遺句集
墨作二郎点鐘主宰の死と遺句集
墨作二郎点鐘主宰の死と遺句集
墨作二郎点鐘主宰の死と遺句集


隔月できちんと届けられていた点鐘誌が、
ことしはまだ来てないぞ。
どうしたのかな。スミサクさんはご病気なんだろか、
と案じていた。

 身ひとつの鳰のうきすや置き巨燵

この古句みたいな感じで、
分厚いドテラを着たスミサクさんが、
こたつにすっぽり入って、編集後記を書きながら
絶命されたという。
営々と成し遂げてこられた川柳の読みと詠み、
その三十年という長い編集人生の途上で、
最期までペンを握ったままで息をひきとられた。

享年九十。

かささぎの旗子は
その生き方がガバガバ羨ましく、妬ましく
だれがご冥福やら祈るか、大往生やんか、とおもった。

しかし、
やはりさみしい。

川柳家墨作二郎先生のご冥福をお祈り致します。

« 囀り | トップページ | なが!どやって曲がるん。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墨作二郎点鐘主宰の死と遺句集:

« 囀り | トップページ | なが!どやって曲がるん。 »

最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31