無料ブログはココログ

« THE DESIRE OF AGES | トップページ | 七種や腫瘍マーカー上昇す »

2017年1月 8日 (日)

鎌田さんちで見た、こころの時代にABCCが

鎌田さんちで見た、こころの時代にABCCが
鎌田さんちで見た、こころの時代にABCCが
鎌田さんちで見た、こころの時代にABCCが
鎌田さんちで見た、こころの時代にABCCが
鎌田さんちで見た、こころの時代にABCCが


母と叔母二人を連れて上津の従姉の家へゆく
いろいろご馳走になり、のしいかみたいにノペーとなったところで、
ひろこちゃんが、こころの時代をみる?朝五時の番組の録画よ、という。

へえ、なんの話かな、と再生してもらう。
高塚の叔母、目が悪くてほとんどかぶりつきです。

広島のある教会の家に生まれた近藤紘子(こうこ)さんのお話でした。
渡米して原爆被害の恐ろしさを訴え、米国の援助を請う父に同伴、あるテレビ番組で被ばく少女だったこうこさんとエノラゲイ副操縦士との出会いがありました。

人生でもっとも多感な少女期に、放射線影響調査のため、ABCCのステージに立たされ、半身はだかになれと命じられたそのショッキングな記憶が、親にも誰にも話せないほどの恥辱としていつまでも残っていた、と近藤さんは語られた。

初めて知る話ばかりで、あっと思いました。

原爆を落とした兵士を絶対許さぬと思ったこうこさんが、ルイスパイロットの、私たちはなんということをしてしまったのだろう、という心の声に触れ、考えを変えます。

ルイスパイロットはその後、まわりに悔悟の思いを吐露したことを責められ、
精神を病み、入院してしまう。入院中つくった彫刻には、
キノコ雲と大きな涙ひとつぶがあったという。

こうこさんは、少女期に知り合い、ひと月ほど毎日遊んだパールバックの養女の話もされました。
国籍や血縁に関係なく、つながる縁。
その縁への大きな信頼により、自分は放射線の影響てあったのか子供に恵まれなかったけれども、養女二人に恵まれた、と話を締めくくられました。

正月からいい話が聞けて良かった、と、叔母ふたり。
我が母は、よく聞き取れてなかったみたいですが。

暮れに乙四郎さんコメントに出てきたABCCにばったり出くわしたことにギョっとした私は、
この記録に残します。

« THE DESIRE OF AGES | トップページ | 七種や腫瘍マーカー上昇す »

コメント

ABCCは何をしたか👇

こうこさんはアメリカの大学を卒業後、米国人と婚約、しかし、彼の家族がこうこさんが被ばく者であるため反対し、結婚できなかった辛い過去があられた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌田さんちで見た、こころの時代にABCCが:

« THE DESIRE OF AGES | トップページ | 七種や腫瘍マーカー上昇す »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31