無料ブログはココログ

« 発句を選ぶ | トップページ | 落葉樹 »

2016年12月21日 (水)

修身の教科書

修身の教科書
修身の教科書
修身の教科書

« 発句を選ぶ | トップページ | 落葉樹 »

コメント

この教科書どこで買ったんですか?
最近は昭和レトログッズとして売ってるとこ増えたようですが、靖国神社の売店では昔から売っていましたが。

この二枚目の写真にある「キクチコヘイ」(木口小平)の墓(陸軍墓地)が、私の職場に隣接しています。

さくらさん、乙四郎さん


えっそれはまたなんというか、キモイ!焦点合いすぎ

本は不思議星人のエメさんから母にと連句会で頂きました。非売品と書いてありますね。
もう二冊あったけど、らんちゃんが、うちの母にもといって横取りされました。
このページを開いて写したのは、盲目の人への心遣いを書いてあったからです。ことし、電車のホームから落下されて亡くなられた障がい者のかたがあまりに気の毒でならないから。

恭子ちゃんなんと人聞きの悪い、一冊だけ借りてますが、近いうちに郵便受けに入れとくね

うわっ、ごめん!

木口小平の墓
でけんさくしてみたが、。
なにもでません。

この時代は、親や先生や目上の人に対して、ていねいな敬語をつかっていたのですね。
本当にことばがきれいだとみんなで感心しました。

あった、木口小平。以下。
木口 小平は、日清戦争で戦死した日本陸軍兵士。ラッパ手として、死しても口からラッパを離さなかったとされた。その逸話は明治35年から昭和20年まで小学校の修身教科書に掲載され、戦前の日本においては広く知られた英雄であった。Wikipedia

私は木口こへい、を、小さな兵隊さんの意味かと思ってた。

ラッパを離さなかったのは死後硬直では。
と思ったが、そんなことを言ったらいかんような雰囲気がありますね。
銃弾飛び交うなかをラッパ吹きながら進軍するなんて。
おそろしすぎる。

久々の残業です。
昼休みに黒岩医院往復。
母の薬をいただきに

やれやれやっと仕事納めの納会でした

ところで、みなさん、さくらさん、
驚くべき偶然の一致だ
なかなかヒマがなくてさっきよくみてみたら
きくちこへいの上☝のとこを開き、比治山陸軍墓地のところを更に開く、すると放射線影響研究所があったところ、と書いてあります。ん?
乙四郎さんの新しい勤務先ではないですか。
ひえーなんかしみじみとこわくなるー

アクセス懐石をさぼってますが、ひらいてみれば東大からのアクセスが一番にでます
なにか関連しているのだろうか?
かささぎあたまでは理解できぬなり
なにはともあれ、おめでとうございます。
ずっと乙四郎さんのブログ記事転載をしてきた者として、
このひとはゆくべきひとすじの道を歩まれている!と、実感できました。
👇放影研

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/68927772

この記事へのトラックバック一覧です: 修身の教科書:

« 発句を選ぶ | トップページ | 落葉樹 »

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28