無料ブログはココログ

« 蓮根や蒟蒻や梅干が美味しいよね | トップページ | あっ、ねしげ先生が司会だ! »

2016年12月 4日 (日)

注連縄作りとお座

注連縄作りとお座
注連縄作りとお座
注連縄作りとお座
注連縄作りとお座
注連縄作りとお座
注連縄作りとお座

« 蓮根や蒟蒻や梅干が美味しいよね | トップページ | あっ、ねしげ先生が司会だ! »

コメント

この景色毎年感動します。
永遠に景色として残っていてほしいです。そこに住んでいる人の努力なくしてはできないことです。

とても美しい原風景です
みんなで大事がります

宮司さん、運転、だんだん心配なれど

来年はどうかなあ

私たちの地域の産土神さんは熊野神社ですが、まもなく座送りの行事が行われますね。
先日、注連縄綯いがありました。
今年92歳のおじちゃんが御指南役です。
八十代のおじちゃんたちに受け継がれ、いま、六十代の連れ合いたちが習ってる。

寺田天満宮の祭礼日は、年二回、
夏のよどまつり、これは曜日に関係なく八月二十五日の夜で、
あとは冬の師走のお座。十二月の第一日曜日の朝八時。
野菜や米、大きな鯛や酒を供えて、宮司さんに大払祝詞をあげてもらい、玉串を捧げます。
民俗学ではなんというまつりか知らんが、昔からこのあたりはどこのお宮さんもあってるみたい。
〆縄は男だけ、女人禁制です。
せいちゃんとこも一緒みたいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 注連縄作りとお座:

« 蓮根や蒟蒻や梅干が美味しいよね | トップページ | あっ、ねしげ先生が司会だ! »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31