無料ブログはココログ

« 渡り廊下の高さ制限 | トップページ | 連句会 »

2016年12月18日 (日)

白湯吹いて石堂丸のお話を

土曜日、川崎病院再受診。
骨密度も調べてもらう。
ただ寝てるだけで、レントゲン技師と機械があっというまに計測してくれる。
結果、腰骨の密度は同年代の八十パーセント、大腿骨は百二十パーセント。
コシとモモで強度が違うの、不思議ね。
治療より、食事や運動、日光浴で維持しましょうといわれた。
肝機能にも問題ないとのこと。
一安心です。
あとは三ヶ月後にもう一度測る予定です。

さて、
母の下痢がなかなか治らない。
いろいろ調べて、白湯に行き当たる。
朝一番に白湯を飲むこと。
体が温まり、腸のはたらきを促してくれるそうだ。
その上で、ストーブの上で柔らかくした粥に、醤油の実を混ぜて食べる。
母の好むもっとも刺激のすくない食べ物。

今朝はそれでなんとか治まりました。
腹巻やホッカイロを買って来よう。
とても寒いからと思う。

ところで、
今日は久々に連句会だというと、母は、笠原のばあちゃんの話をしてくれた。
ばあちゃんが東京に行ったお土産に、石堂丸の絵本ばこうて来てくれた話。

いしどうまると父と名乗れぬお坊さんと、ここから先は女人禁制だから、お前ひとりでゆくのです、と諭す母の話。
え。女人禁制。それなら、そこは高野山?
あとで調べてみましょう。

« 渡り廊下の高さ制限 | トップページ | 連句会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白湯吹いて石堂丸のお話を:

« 渡り廊下の高さ制限 | トップページ | 連句会 »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30