無料ブログはココログ

« 連句会 | トップページ | 修身の教科書 »

2016年12月20日 (火)

発句を選ぶ

発句を選ぶ

« 連句会 | トップページ | 修身の教科書 »

コメント

今から打ち込もうとして、原案を取り出そうとすると、アラアラありませぬ。
。、。、。
休み時間に取り出しては見ていたため、工場の作業台の抽斗に仕舞ったまま帰ってしまったらしい。

なんてことだ。

暫くおまち下さい。

もうしわけなさすぎて、はがき、アップしました。
らんちゃん、たからさん、ありがとう、
ほんに、どの句もよいなあ。
じゃお休みなさい

星冴えて日々の活計(たつき)の小さけれ  ぼん

わたしはこれをえらんでました。
ただ、発句のかたちとして、上5が{て}できれるのは第三にかさなるので、明確な切れ字をいれて、

凍星や日々の活計の小さけれ

としたかった。
しかし、ここで問題が発生。えまーじぇんすい。
ちいさけれ、のけれはなんじゃろか?
文語の已然形(口語の未然形、仮定形)

ラガーらのそのかちどきのみじかけれ  横山白虹

これがあきらかなまちがいだってかいておられたのは、たしか、れぎおんで、とうきょうのりょうそう先生だったようにおもいます。
それなのに、いちどあたまにとりこまれたものははりついたままはがれようとはしませぬ。それどころか、増殖する。
いきおい、ってやつですなあ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発句を選ぶ:

« 連句会 | トップページ | 修身の教科書 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29