無料ブログはココログ

« 写りこんでた父の法事表 | トップページ | あすから師走。 »

2016年11月26日 (土)

指輪、ニッパーで切断してもらい、助かる。

指輪、ニッパーで切断してもらい、助かる。
指輪、ニッパーで切断してもらい、助かる。
指輪、ニッパーで切断してもらい、助かる。
指輪、ニッパーで切断してもらい、助かる。

« 写りこんでた父の法事表 | トップページ | あすから師走。 »

コメント

昨夜、一心不乱に残業中、そこらにおいてたローラ〜付台車にひょいと足が乗っかり、あららっとこけてしまいました。んが、あたまは打たん!
指を一本さっと着いてからだを支えた、
ゆびはグニャリとあらぬかたへ曲がったが、すぐさま指輪の先っちょをまっすぐ修正す。
ひとのからだはすげえな。関節じつは自在にまがるのかえ、と感心した。
だがだんだん痛くなり腫れた、

以下👇

又残業です。サタデーナイト残業。
さて続きです。
指輪が抜けなくて、だんだんと腫れてゆく。
パニックになりながらも、どこかに指の一本くらいでシニハシナイだろうとたかをくくる自分。
一応ネット検索で拾えた全ての方法を試した。
もっとも痛かったのは、最後のしゅだんと書かれてたやつ。ばってん、糸が切れたんで指輪は抜けず。

朝、四時に目が覚めて指をみると、さらに腫れてて絶対指輪切断しかなかろうと分かる。
母を月に一度受診にゆくついでに黒岩先生にみてもらった。
これはあぶない、と言ってニッパーで切られた。
骨のレントゲンを二枚、正面からと真横から撮られた。
しかし幸いなことに骨は異常なし。
で、ホッとして、身長が四年で三センチ縮んだ話をしたところ。
ひとのからだのまんなかには首から背中まで26本の骨が積み木みたいになってついている、それらが一年に一ミリずつ縮んだとしても、全部たすと三センチ近くなるからねえ。
それではこれは病気ですか、カルシウムとらなきゃいけませんか。
骨密度調べたり、骨粗鬆症の診断は意外に難しいからね。
えっ、それじゃ、最近なんでテレビで桃井かおりさん使って宣伝してるのですか。
あれは製薬会社がやってる広告、保険はやらないよ。
みんなが治療するとパンクするからね。
ああそうだったのか、では私は暇もないからしなくていいですか。
診断をうけたほうがいいのでは。

とここまで

えー、この記事の主人公はひめ本人だったの?
怖い怖い。
大事に至らなくてよかったね。
最悪の場合、指切断ってこともあるんでしょ。

ほんと、お大事に。

黒岩先生は淡々としておいでだけど、判断と対処は早いよね。

うん。
仕事でいつもニッパー使ってるが、束ねた端子の結束バンドを切ったりするだけだったので、金属も切れるんだと驚いた。あっさりきれたよ。あんまり痛くなかったし。
ただ、毎日骨太のんでも気休めだってさ。
もし本当に骨粗鬆症ならちゃんと治療せなあかんてさ。
しかし、骨密度はかる機械、黒岩医院にはないとのこと。
診断に必要らしいから、どっかでいつか調べるべ。

春からワクチンぎわく一色のかささぎどん。

今朝はこれ↓
↓にある声で、
身内がワクチン接種でしんだというのに、じぶんもうつ、というひとがいた。もう身の回りの整理をすませた、と。
え~?そこまではらくくらねばいかんもんなん。とあらためて神妙なきもちになる。

黒岩医院へながくいってません。
母がデイサービスのあるところにいくようになって以降。

これよむととてもなつかしい。

先生はワクチンどう思っておられるだろうか。
そもそも打っておられるか。

たいがい打つだろうな。しらんけど。


わたしが反ワクチンになったのはたまたまのめぐりあわせ。
それとおなじで、娘夫婦や次男がワクチン肯定にまわったのも住んでいる場所とかのせいもある、だろう。
毎日エレベータに乗らねば生活できないような暮らしの都会と田んぼの中の田舎ではそもそもの感性にちがいがあろうし。

もうあれよめこれよめいいません。

でもわちきはこれ↓よむわ。笑。
反従順。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指輪、ニッパーで切断してもらい、助かる。:

« 写りこんでた父の法事表 | トップページ | あすから師走。 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30