無料ブログはココログ

« 在宅医療と介護連携( 1 3 )(14) | トップページ | 鳥 »

2016年10月13日 (木)

ケアマネのしごと


  橋爪 章


「(カ)医療・介護関係者の研修」は、地域の医療・介護関係者の連携を実現するために、他職種でのグループワーク等の研修を行い、また、必要に応じて、地域の医療関係者に介護に関する研修会の開催、介護関係者に医療に関する研修会の開催等の研修を行う事業です。

<実施内容・方法>

1.多職種連携についてのグループワーク

(1) 研修の目標、内容等を含む実施計画案を作成し、医療・介護関係者等の理解と協力を得る。

(2) 医療・介護関係者等を対象にグループワーク等の多職種研修を開催する。

研修例:医療機関・介護事業所等の地域における役割・特徴等の共有、(イ)で抽出した地域課題の優先度を踏まえたテーマや事例等に対し、グループで意見交換等を行う等

2.医療・介護関係者に対する研修

(1) 既存の研修の内容・回数等を確認し、新たな研修の必要性について検討。

(2) 新たに研修する場合は、研修内容、目標等を含む実施計画を作成と、既存の研修との位置づけを整理。

(3) 参加者に対するアンケートやヒアリング等を実施し、研修の評価・改善につなげる。

医療関係者に対する研修の例:

介護保険で提供されるサービスの種類と内容

ケアマネジャーの業務

地域包括ケアシステム構築を推進するための取組

(地域ケア会議等)等に関する研修

介護関係者に対する研修の例:

医療機関の現状等、予防医学や栄養管理の考え方

在宅医療をうける利用者・患者に必要な医療処置や療養上の注意点等に関する研修

 
転載記事

« 在宅医療と介護連携( 1 3 )(14) | トップページ | 鳥 »

コメント

ケアマネさん。
ってね、その人個人の資質が問われる気がする。
舅と姑の介護生活で最終的には四人のケアマネさんのお世話になりました。
どのケアマネさんも舅や姑のためになるようにと心配りをしてくださったと思うけど、中にどうしても家族が馴染めない人がおられた。嫁であるわたしだけが合わないのかなと思ってたけど、同居していた長女がある日ふと、わたしの感想とまったく同じことを言ったので、ああ、このケアマネさんとはわが家自体が合わないのかもと思ったところです。
寄り添い方を間違えると家族は苦しくてしょうがない。
介護者にとだて、頼れる人はケアマネさんしかいないので、ケアマネさんの選び方ってすごく重要なことだと痛感いたします。

せいこさん

ありがとう。コメント。
経験談は役に立ちます。
私もケアマネについて何かコメントしようとして、見出し付けたんでありますが、時間がなくて、かけそうもありません。
ケアマネはいただくもので、選ぶものではございませぬ。
お世話になるでしょうが、今のところ、まだあまり。
それよりさ。
あたしは介護職の名前のイロイロがごっちゃになっててね。ケアマネと思ってた人が実は、役場の職員だったりして、なんかよくわからんとよ。母に室内移動用手押し車をリースで借りようとして、こないだ年に一度の介護認定改定のとき、見えた職員さんに聴いたところ、それはケアマネさんに頼んで下さい、と言われて、あら。ではこのかたは市の介護係りの職員さんだったのか、と気づく。

ことしもおかげで母は、要支援で済みました。

畑仕事、少しだけやっている。
苗を植えても手入れしないから、収穫が難しい。
庭の草とりはやってくれます。

ケアマネさんについて調べてました。
パートってあるかな、とかさ。
すると、こんな声、拾ったよ。
回答欄、幾つか覗くべし。👇

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケアマネのしごと:

« 在宅医療と介護連携( 1 3 )(14) | トップページ | 鳥 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31