無料ブログはココログ

« 刺し子の小銭いれ、かわいいね | トップページ | カルピスのむかしの商標なつかしき »

2016年9月 7日 (水)

夏に蒔いた種が。

夏に蒔いた種が。

« 刺し子の小銭いれ、かわいいね | トップページ | カルピスのむかしの商標なつかしき »

コメント

秋ね。
あまりの夏の暑さに、もう秋は来ないのではないかと案じてましたが、やはり、秋は来ました。

わが家の田んぼに沿うあぜ道に、白い曼珠沙華が咲き始めました。赤の曼珠沙華は、これからです。
春に植えた球根。律儀な奴らじゃのう。

せいちゃん、おひさ
がばあつかねー
そよとも空気が動きません
今朝は七時過ぎからお宮掃除でソワソワ
本堂の左右の榊と、お堂前の石の神様三体と、狛犬がいるとこより一段低いところにある、お弘法さんと、観音さんの花器にお花を飾りにいき、ついでで申し訳ないが、裏の鬼門にある姫野の先祖墓にも花をたむける
これまで斉藤さんにしてもらうばかりで、何もしてこなかったからなあ ちなみに斉藤さんは旧姓姫野
周りには赤い彼岸花が一輪と、オレンジ色に近い黄色のコスモスが満開でした
八女は雨がふらず、ひゅうがみダムはからっぽです
あしたあたり、降ってくれないかな
フラダンスのせーちゃん、雨ごいのおどり、たのんます

雨乞いの踊りはしなかったが、今夜から明日にかけて、降るらしいぞ。笑

今日の夕方から近所のあまおう農家のいちご苗定植作業がスタートした。
明日の朝の予定を繰り上げての作業なり。
明後日も、明々後日も、いちご苗植え。
経験者、引っ張りだこっす。

あめ、ふった、ふった!
ありがとう

ことしはほんなこてあつうして、うちの田んぼに水がかかっとらんち、田んぼのすぐ横にお住まいの知人が、わざわざうちに報せに来てくださいましたよ
ちょうど穂孕み期だったから、心配して気にかけてくださってたのですね
父がいまの状態をみたら、泣くだろう
草ぼうぼうで、目もあてられんて
んが、しやなかと。人に任せた時点できっぱり。
引き受けてくれた親類は、ほかに仕事をもつ兼業であり、果樹の梨やよその田んぼの稲作も請け負う身。まことによく働く。
一方、私の仕事で、先日、かぶちゃん農園、というところの注文を捌きました。すこしきになり、というのも、読めない地名だったからですが、あんたも調べてん。
がばびっくりするけん、
ちなみにまだその地名よめてません。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏に蒔いた種が。:

« 刺し子の小銭いれ、かわいいね | トップページ | カルピスのむかしの商標なつかしき »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31