無料ブログはココログ

« フレイル(2) | トップページ | 相良寺から見下ろすトビカズラ棚 »

2016年9月19日 (月)

ロコモティブシンドローム(1)

橋爪 章


変形性膝関節症、変形性脊椎症、骨粗鬆症のうち少なくとも一つ以上を有する国民は約4700万人、全てを合併する国民は約530万人と推計されています。

これらの運動器疾患は、骨折以外は保存療法で治療されますが、保存療法が無効であれば手術となります。

新患患者では、保存療法:手術=9:1です。

高齢になるほどかかり易い疾患なので、結果として、高齢者の手術が増加しています。

要支援・要介護の要因としても、関節疾患が11%、骨折・転倒が10%です。

ロコモティブシンドロームは平成19年(2007年)に日本整形外科学会が提唱したもので、「運動器の障害によって、移動機能の低下をきたした状態」と定義されました。

ロコモの原因のうち

①加齢による筋力低下(特に体幹・下肢筋力)

②加齢によるバランス能力低下

は、トレーニングで予防(ロコトレ)できます。

ロコトレは、開眼片脚立ちを左右1分間ずつ1日3回、あるいはスクワットを5~6回(1日3回)行うだけでOKです。

10分間の歩行がプラスできたらベターです。

2-3ヶ月のロコトレで、高齢者の運動機能が改善したという報告があります。

半年間の開眼片脚立ちで転倒頻度が2/3に減少したという報告もあります。

ロコトレは、サロン型(集団)、在宅型(個別)のいずれでも効果があります。

③運動器疾患(変形性関節症、脊柱管狭窄症、骨粗鬆など)

を原因とするものは、医療機関を受診し、早期に適切な診断・治療を受けることが重要です。

転載記事


▷スクワット、ってなに。
▷保存療法、ってなに。👇
http://ginzaplus.com/jp/treatment/reasons/

そういえば、ともだちが、関節を傷めていましたが、最近、手術したっていってましたっけ。
入院するときは、介護の母も連れて、ともども入院したと。

« フレイル(2) | トップページ | 相良寺から見下ろすトビカズラ棚 »

コメント

ヒンズースクワット👇

ちょうど昨夜のNHK番組に包摂されていました。
イギリス、さすがに賢い、健康先進国だなあ。
誰も気づかぬうちに市販品のパンなどの減塩を実施させ、数年かけて二割余の塩分をカット、おかげで成人病が減少したという。目からウロコです。
また、東京のうち年収の最も低い区では、行政側のたくみな誘導で、野菜摂取量が自然に増えるように、食にかかわるところの協力を仰いで劇的な効果が得られつつあると。
みんなが気づけば、医療費は減らせるんだ。

》イギリス、さすがに賢い、健康先進国だなあ。
誰も気づかぬうちに市販品のパンなどの減塩を実施させ、数年かけて二割余の塩分をカット、おかげで成人病が減少したという。

画期的っすね、これ。

亡くなった姑はまだ40代の若い頃から糖尿病だった。
親子って体質が似るから、姑の息子二人も若い頃から糖尿パターンと言う検査結果が出てました。
息子二人、そのことをとても気にしてて、予防に気を使ってます。塩分を控えることの難しさを痛感する日々です。

大麦若葉がいいらしいと弟が言い、二人とも大麦若葉の青汁を飲み始めました。


まあ、糖尿病にも塩分はだめなん。
あきとっしゃんはひょろっとしとらっしゃるとに糖尿病の毛があるん?
なんか信じられない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロコモティブシンドローム(1):

« フレイル(2) | トップページ | 相良寺から見下ろすトビカズラ棚 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31