無料ブログはココログ

« けさのくも | トップページ | escape ルパート・ホルムズ »

2016年6月 6日 (月)

「在宅専門医療機関」に関する疑義

平成28年度診療報酬改定(135)
2016/5/24(火) 午前 0:07
ナイス!0
0

「在宅専門医療機関」に関する疑義です。

◯ 外来応需の体制を有していなくても所定の要件を満たす場合には保険医療機関としての指定が認められることとなったが、これまで外来応需の体制を有していた医療機関が在宅医療のみを実施することとした場合、地方厚生(支)局長に対して所定の要件を満たしている旨を報告する必要はあるか。

→ 必要。

「往診料」に関する疑義です。

死亡診断加算について、「死亡日に往診を行い、死亡診断を行った場合に算定する」と規定されているが、夜間に死亡した場合であって、死亡診断の結果、前日に死亡していると判断された場合に、当該加算を算定できるか。

→ 算定できる。

「在宅時(施設入居時等)医学総合管理料」について、処方せんを交付しない場合の加算が創設されたが、当該月に処方を行わない場合にも算定できるか。

→ 算定できない。



(橋爪章ブログ転載)

« けさのくも | トップページ | escape ルパート・ホルムズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「在宅専門医療機関」に関する疑義:

« けさのくも | トップページ | escape ルパート・ホルムズ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31