無料ブログはココログ

« メールが復旧、ろいり先生からのおたより(そのまんましつれいします) | トップページ | 大島の苗もの屋さんで »

2016年5月23日 (月)

平成28年度診療報酬改定(127)

「退院支援加算」に関する疑義です。
◯ 退院支援加算1について、全ての病棟で要件を満たさなくても、一部の病棟で要件を満たせば、当該病棟において加算を算定できるか。
→ 当該加算を算定することができる入院料を届け出ている病棟全てで要件を満たす必要がある。
◯ 地域連携診療計画加算は、相手先の医療機関との間で地域連携診療計画が作成・共有されていれば、必ずしも相手先の医療機関が当該加算を算定していなくても算定できるか。
→ 算定できる。
◯ 退院支援加算で配置されている退院支援部門の看護師及び各病棟において退院支援及び地域連携業務に専従する看護師が、退院支援として退院後訪問指導を実施してよいか。
→ よい。
◯ 退院支援加算1の施設基準において、当該医療機関の退院支援・地域連携担当者と、20以上の連携保険医療機関等の職員が年3回以上面会することとされているが、他の20以上の連携保険医療機関等の職員と、会合や研修等で一同に会すれば、当該要件を満たすこととなるか。
→ それぞれの連携保険医療機関等の職員と、直接に対面して業務上の意思疎通を行うことが必要であり、会合や研修で一同に会することでは、当該要件を満たすことにならない。なお、退院支援において数か所連携保険医療機関等と退院調整の打ち合わせを行う等の場合には、全ての連携保険医療機関等の職員と相互に十分な意思疎通を図ることができれば、それぞれの連携保険医療機関等の職員と面会したものと扱うことができる。
転載
かささぎのぱそこん、ねつぼうそうにかかっているらしい。
ぶちぶちきれるため、おそれながらのとうこう。

« メールが復旧、ろいり先生からのおたより(そのまんましつれいします) | トップページ | 大島の苗もの屋さんで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« メールが復旧、ろいり先生からのおたより(そのまんましつれいします) | トップページ | 大島の苗もの屋さんで »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31