無料ブログはココログ

« 世界から猫が消えたなら 主題歌 | トップページ | 医師国家試験 新卒者合格率 »

2016年5月 9日 (月)

医師需給(4)

  橋爪章

九州大学はじめ九州の大学の医師国家試験合格率の低さが目立ちます。
医学部は医師国家試験の合格率で評価されることが多いので、大学の医学部が国家試験予備校化してきたと言われています。
医学部は良い医師を育てることが本来の使命ですので、国家試験対策にとどまらない人間教育も必要なのですが、人間教育も国家試験対策も、ということになると合格率が低くなってしまうかもしれません。
国試合格率が低い大学が人間教育に力を入れているとは限りませんが、幅広い人間性を培う環境からは幅広い人材が輩出されるものです。
本日のyahoo!ニュースで、この春九州大学を卒業した秋山ありすさんが医師国家試験に合格できなかったことが配信されました。
試験合否の個人情報がニュースで流れたのは、秋山さんがアイドルグループ「LinQ(リンク)」のメンバーだったからで、彼女がブログで不合格を公開したことによります。
LinQ」は学園祭(みやま秋穫祭と合同開催)に来ていただいたこともある地元密着のアイドルグループですが、そのメンバーに九州大学医学部の学生がいたことを知り、驚きです。
医学部の学生とタレント活動が両立できていることが驚きで、国家試験予備校化した大学の学生にはできないことでしょう。
東京大学医学部の学生には、準ミス日本(秋山果穂さん)やTBSキャスター(大筋由里桂さん)の活動を両立している人材がいますが、日本中の秀才が結集する東京大学医学部であっても医師国家試験には10人に1人が不合格です。
出願者に対する合格率が最下位の帝京大学医学部には、元宝塚歌劇団員 (直樹じゅん)やアーティスト(すみれーしょん)が在籍していたり、人材が多彩です。
アイドルグループ「Chairman's(チャーマンズ)」(被災地支援ユニット)では、リーダーはじめ複数の岩手医大生が活躍しています。
(転載)

« 世界から猫が消えたなら 主題歌 | トップページ | 医師国家試験 新卒者合格率 »

コメント

へえー。

歯医者さんの、グリーンならしっとる。
ロゴマークの「GReeeeN」の4つの「e」は、メンバーの人数、および、歯学部出身・在籍に因んで笑顔になるときに見える歯並びをイメージしてデザインされており、「smileを届けられる存在でありたい」というメンバーの気持ちを表している。ちなみに角度は18度である[2]。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 世界から猫が消えたなら 主題歌 | トップページ | 医師国家試験 新卒者合格率 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31