無料ブログはココログ

« お花をどーする? | トップページ | »

2016年5月 7日 (土)

世界から猫が消えたなら 主題歌

« お花をどーする? | トップページ | »

コメント

今日は高橋こうしろう先生のふたなのかです。
乙四郎先生のメールを開けないままで心苦しいのですが。
ハルヒさんが歌うこの、ひずみに耳くぎづけになる。
ひずみ、も、フォールト、とはいわないのだろか。
私は、あの地震用語に、打ちのめされてしまった。

佐藤健さんって、どんどんいい役者さんになってくね。

感動の涙が出る映画は映画館では見ないことにしてるの。たぶん、これは、映画館で見たら、しばらく外に出れないタイプの映画だと思う。

せいちゃん
私はさとうたけるくんが軽乗用車の宣伝に出たときからのファンです。わけなくひかれる。

歌毎日二回はラジオから流れる。
歌詞、わからないがよく分かる。
気配や涙で気づく、まさに。
あとで分かるということ、身がさきに知ってるということ、しとせいをわけるふちにいるときはしってみえている。
あとさ。
くろーすとうみぃ、と繰り返す部分、
これがcosmicとしか聞こえない。

人生にもいくつもの断層がある。
転職のたびにぐるりの顔が違う。
今日食堂でランチ中、セールスマンが弁当を食べているみなさんの間を保険のチラシを持って回っておられた。
あっ、この人と会ったことが前にもある、
いつだったか、どこだったか。
そうだあれは最初の会計事務をしたときの会社担当の方だった。
そのちゅうくらい古くなった断層にはさまってる、なつかしい人たちの顔が一気にうかぶ。いっつまいふおーると。

≫人生にもいくつもの断層がある。
転職のたびにぐるりの顔が違う

これ、ふかいね。
わたしがたいけんしたことのないかんかく。


フォールトはfaultかな?
傷、失敗、欠陥の意と出た。
断層もフォールト??

せいちゃん、それは幸せなことなんよ。
公務員は安定した、いい仕事。

かささぎは運命的に周期的に転職を繰り返してきました。
いま、くまもとのかたがたは地震のためにどん底に突き落とされて、必死に再起を図られています。
かささぎも地震ではないけれど、ひとりで家族をしょってかなきゃならなくなり、必死でありました。
の割りにはブログや連句三昧だったって?
そうしないと多分くたばってた。

wikiで震央と震度を調べてたとき、断層をfaultということを知り、びっくりした。
だれの過失?とツッコミたくなるから。

連句的に考える癖がついていて、深く考える。
自分のたどった道にあるいくつものfault。
断層を過ちと置き換えると、自分の深層心理を発見したきぶんになるね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界から猫が消えたなら 主題歌:

« お花をどーする? | トップページ | »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31