無料ブログはココログ

« 丸山消挙がいた! | トップページ | 割引券。 »

2016年4月 4日 (月)

透析導入を避ける予防措置への評価/ニコチン依存症管理料

平成28年度診療報酬改定(114)

 

  橋爪 章

進行した糖尿病性腎症に対する運動指導の評価
<基本的な考え方>
糖尿病性腎症の患者が重症化し、透析導入となることを防ぐため、進行した糖尿病性腎症の患者に対する質の高い運動指導を評価する。
<具体的な内容>
1.糖尿病透析予防指導管理料に、腎不全期の糖尿病性腎症の患者に運動指導を行い、一定水準以上の成果を出している保険医療機関に対する加算を設ける。
(新) 糖尿病透析予防指導管理料
腎不全期患者指導加算 100点
[算定要件]
別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、腎不全期(eGFR (ml/分/1.73m2)が30未満)の患者に対し、専任の医師が、当該患者が腎機能を維持する観点から必要と考えられる運動について、その種類、頻度、強度、時間、留意すべき点等について指導し、また既に運動を開始している患者についてはその状況を確認し、必要に応じてさらなる指導を行った場合に、腎不全期患者指導加算として100点を所定点数に加算する。
[施設基準]
次に掲げる②の①に対する割合が5割を超えていること。
① 6月前から3月前までの間に糖尿病透析予防指導管理料を算定した患者で、同期間内に測定したeGFRCr又はeGFRCys(ml/分/1.73m2)が30未満であったもの(死亡したもの、透析を導入したもの、腎臓移植を受けたものを除き6人以上の場合に限る。)
② ①の算定時点(複数ある場合は最も早いもの。以下同じ。)から3月以上経過した時点で以下のいずれかに該当している患者。
ア) 血清クレアチニン又はシスタチンCが①の算定時点から不変又は低下している。
イ) 尿たんぱく排泄量が①の算定時点から20%以上低下している。
ウ) ①でeGFRCr又はeGFRCysを測定した時点から前後3月時点のeGFRCr又はeGFRCysを比較し、その1月あたりの低下が30%以上軽減している。
2.糖尿病透析予防指導管理料の算定要件に、保険者による保健指導への協力に関する事項を追加する。
【糖尿病透析予防指導管理料】
[算定要件]
保険者から保健指導を行う目的で情報提供等の協力の求めがある場合に、患者の同意を得て、必要な協力を行うこと。

平成28年度診療報酬改定(115)

 
ニコチン依存症管理料の対象患者の拡大
<基本的な考え方>
ニコチン依存症管理料について、標準的な回数の治療の実施を促す観点から評価の見直しを行うとともに、若年層のニコチン依存症患者にもニコチン依存症治療を実施できるよう、対象患者の喫煙本数に関する要件を緩和する。
<具体的な内容>
ニコチン依存症管理料の算定対象等について、以下のとおり変更を行う。
【ニコチン依存症管理料】
別に厚生労働大臣が定める基準を満たさない場合には、それぞれの所定点数の100分の70に相当する点数を算定する。
[算定要件]
ニコチン依存症管理料の算定対象となる患者は、次の全てに該当するものであって、医師がニコチン依存症の管理が必要であると認めたものであること。
① 「禁煙治療のための標準手順書」に記載されているニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断されたものであること。
② 35歳以上の者については、1日の喫煙本数に喫煙年数を乗じて得た数が 200以上であること。
③ (略)
[別に厚生労働大臣が定める基準]
当該保険医療機関における過去一年のニコチン依存症管理料の平均継続回数が2回以上であること。但し、過去一年にわたりニコチン依存症管理料の算定の実績が無い場合は、基準を満たしているものとみなす。
[経過措置]
当該保険医療機関における過去一年間のニコチン依存症管理料の平均継続回数が2回未満である場合の減算については、初回は平成28年4月1日から平成29年3月31日までの1年間の実績を踏まえ、平成29年7月1日より算定を行う。
(転載)
▽かささぎ日誌
ねんどがわりで、いろいろといそがしいですね。
アクセス解析がまだできていません。
九州俳句誌に連載させていただいている、現代俳句と女性たち、も、まったく本題にきりこめぬまま、。こんかいはかけなかった。
かきたいことはあるのだが、。
昨夕、寺田村のお宮の寄合に出て、むかしながらの同姓のいちぞくから、むかしのおみやのはなしをきくことができた。
かいていいかな。いい、ということにしておこうか。
そのうち、ブログに書きます。
こないだ中島みゆきの「一期一会」PVにでていらっしゃる中村文平さんと福高の同級生でした。
そりゃそうと。
同姓をむかしむかしの一族と仮定すれば、地域の大病院、姫野病院もそうかも。
あそこ、とてもおおきくなりました。
DPC病院です。リハビリ学園ももっていらっしゃる。
それもひとえに、(かささぎおもうに)、透析導入のおかげではなかろうか。
と、このブログをつづけていくうちにおもいはじめたのであった。
先生の腕がいいのもあるでしょうけど。

« 丸山消挙がいた! | トップページ | 割引券。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 透析導入を避ける予防措置への評価/ニコチン依存症管理料:

« 丸山消挙がいた! | トップページ | 割引券。 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31