無料ブログはココログ

« 息子にもらったfalsの帽子 | トップページ | 鳥の名前 »

2016年4月 7日 (木)

患者の自由な選択のためにコンタクトレンズ検査料に差を設ける

平成28年度診療報酬改定(118)

 

  橋爪 章   

自施設交付割合に応じた コンタクトレンズ検査料の見直し
<基本的な考え方>
コンタクトレンズを交付している眼科医療機関において、患者の自由な選択を担保するための取組を促す。
<具体的な内容>
コンタクトレンズ検査料を算定している保険医療機関において、院内交付の割合等によって検査料の評価に差を設ける。
コンタクトレンズ検査料1 200点
コンタクトレンズ検査料2 180点(新)
コンタクトレンズ検査料3 56点
コンタクトレンズ検査料4 50点(新)
[施設基準]
コンタクトレンズ検査料1
現行のコンタクトレンズ検査料1の施設基準に加え、(※)に該当すること。
※ 入院病床を有さない保険医療機関にあっては、コンタクトレンズ検査料を算定した患者数が年間10,000人未満、又は、コンタクトレンズの自施設(併設のコンタクトレンズ販売所等を除く。以下同じ。)における交付率(次により算出した値とする)が95%未満であること。
① コンタクトレンズ検査料を算定した患者数のうち、コンタクトレンズを自施設において交付した患者数
② コンタクトレンズ検査料を算定した患者数のうち、医師がコンタクトレンズ装用の必要性を判断し、自施設において交付しなかった患者数
①/(①+②)× 100
コンタクトレンズ検査料2
現行のコンタクトレンズ検査料1の施設基準に該当するが、(※)に該当しないこと
コンタクトレンズ検査料3
現行のコンタクトレンズ検査料1の施設基準に該当しない保険医療機関であって、(※)に該当すること
コンタクトレンズ検査料4
コンタクトレンズ検査料1、2又は3のいずれにも該当しない保険医療機関であること
[経過措置]
平成29年4月1日より適用することとする。    
 
(転載)
▽かささぎメモ
昨夜からひどい吹き降り。春の嵐。
長女は健康な視力、むすこはふたりとも近眼。
長男は眼鏡ひとすじ。
次男は最近ネット通販の一日か二日で使い捨てのコンタクトを使用している。
どうやって度数をはかるのか、と思ったら、ちゃんと眼科へいってはかるという。
へえー。
わたしは高校時代からずっと同じところでハードコンタクトを作っていますが、時代は着実にかわっている。
これ↓読むと少し状況がわかる。以下引用記事。
それにしてもややこしいなあ。
質問者;
眼科へコンタクトの度数確認だけの診察ってしてもらえますか?

現在使用しているコンタクトは乱視用のメダリストトーリック? 2weekのやつです

いつもは眼科併設のアイシティで購入していたんですが今月お金を使う予定が多いので
通販で買って節約しようと思っています

ベストアンサー;(2014年)
保険診療の場合は検査項目によって点数が決められています。

もし、質問者様が
「コンタクトの処方箋は必要ないです。
度数だけ知りたいんです」
と受付で言った場合、
単なるコンタクト検査ではなく、
眼の定期検診といった意味で受け取られ
コンタクトレンズ検査料より費用が高くなる
可能性があります。

なので、コンタクトレンズ処方箋を出してもらういつもの検査を行い
(それだとコンタクト検査料2の場合で
再診だと、受付で支払う金額は400前後だと思います)
もらった処方箋は使用しなければ良いのです。
「処方箋を隣のコンタクト屋に出して下さい」と
案内されようが、持っていかなくてOKです。
(病院や診療所は、特定の薬局・メガネ・コンタクト販売店と
提携してはいけない、という決まりがありますので、
強制ではないのです。)
私もいつもコンタクトレンズを購入する
レンズ屋が決まっていますが、そこは処方箋が
必要なので、適当な眼科で処方箋を出してもらい
「隣のお店にどうぞ」と言われても
違うお店へ持ち込んでいます。
以上。
また、不正請求が多いのだろうか、こんな記事もあった。
社団法人「医療費を守る会」http://www.cl-clear.jp/teguchi.html

コンタクトレンズ量販店の診療所(コンタクトレンズ診療所)でコンタクトでかかった場合、

初診は980円、2回目以降は380円、それ以外は不正請求の疑い
(一度その医院でコンタクトレンズをつくると、他の病気でもずっと390円です。一般眼科の場合、初回が1450円、2回目以降は820円です。)
(注:このホームページの画像の領収書などは消費税増税前の診療費ですので、初診で30円、再診で10円安い金額となっております。点数もその時の点数で解説しています。)

コンタクトレンズ診療の場合、以下のような不正請求の手口がもっとも多いです。

初診偽装
二回目は必ず再診料(70点前後)です。にもかかわらず、それを初診料(282点)で請求します。

一般診療偽装
検査の点数はコンタクトレンズ診療所で56点、一般眼科で200点と絶対に決まっています。しかし、それに対して他の目の病気だと偽って他の眼科の検査で請求することで余分な点数を詐取します。

一般眼科偽装
本当はコンタクトレンズ診療所である場合はコンタクトレンズ検査料2の56点であるが、一般眼科だと偽って申告し、コンタクトレンズ検査料1の200点で不正請求する。

« 息子にもらったfalsの帽子 | トップページ | 鳥の名前 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 患者の自由な選択のためにコンタクトレンズ検査料に差を設ける:

« 息子にもらったfalsの帽子 | トップページ | 鳥の名前 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31