無料ブログはココログ

« 基本的な考え方~地域の実情に応じて決定 | トップページ | 赤米は黒米?弁当 »

2016年2月10日 (水)

母の車

初代ばあちゃんずカー

これが初代

二代目ばあちゃんずカー

これ、二代目

きょねんの12月から要支援2ということで、デイサービスを週に1~2回うけています。

けさ、かぜでやすみたい、ともうします。

じぶんで連絡してねと放置していますと、仕事から帰ってくると、きょうはいったよ。、ということがおおいのです。

ちょっとがっこうへいくのをしぶるこどもににている。

« 基本的な考え方~地域の実情に応じて決定 | トップページ | 赤米は黒米?弁当 »

コメント

不思議なものですね。
わたし、あなたのお母さんとはほとんど面識がないのですけれども、なぜかわたしの実母と重なることが多くて、一方的に親しみを感じずにはおれません。
母は介護認定を受けて一月後に亡くなりましたのでサービスらしいものを受けることなく逝ってしまいました。
もうすぐ三回忌。

あなたのお母さんが1日でも長く健やかであられますように願うばかりです。

せいこさん
こめんとありがとう。

もう三回忌。

せいちゃんの母上にあったことは生前は一度しかなかった。せいこさんが広川町役場の一角にあった図書館ではたらいていたころ、母が来ているからと紹介してくれましたね。
わたしはうたがなかったら、なにもはなやかなことなどなかった、と、そう母上がおっしゃっていたということばを、いまになってよくおもいだします。おかあさんがやまなみ短歌賞を受賞された時です。

つぎにおあいしたのは、お棺の中でした。
この世の苦労をすべておえた、きれいなおかおをなさっていました。なんというか、とてもうらやましかった。

苦労されたかもしれないが、せいこさんのお父さんは豪快で明るくせいこさんが大好きだったとおっしゃるそのお父さんと添われたお母さんがうらやましく今ふと泣けました。
夫婦仲が良い運命に一度合ってみたいのです。

ひめ、そして、さくらさん。
ありがとう。思わず涙が出ました。
本当にありがとうございます。

まことに豪快な父でした。豪快で苦労を苦労と思わない人と、何に対しても慎重でどちらかと言えばマイナス思考の母と。だから母ばかりが苦労してきましたね、たぶん、精神的に。

こないだ家計の事で、第三者にわが家の説明をしてたとき、父が家の保険に入ってながくつみたててくれていたおかげで、ひとさまに借金せずにすんだ、ありがたかった。といったとたん、母が傍から、父ちゃんは何もせらっしゃれんけん、あたしがなんでもせんといかんじゃったつよ。という。
まあそうではあるだろう。でもね。
なんかおかしい。そうむきにならんでも。

楽観的な人には慎重な人がついててうまくいく。

>夫婦仲が良い運命に一度合ってみたいのです。

さくらさんところはそうではないのですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の車:

« 基本的な考え方~地域の実情に応じて決定 | トップページ | 赤米は黒米?弁当 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31