無料ブログはココログ

« くるこない預金封鎖は平等に | トップページ | [2割5分以上, 0.6割以上,2割5分を2割3分と読み替えたもの] »

2016年2月14日 (日)

こんなのみつけた。地域医療構想と事故調

地域医療構想の留意事項(6)

 

 橋爪章   

「地域医療構想の実現に向けた取組についての留意事項(案)」に添え
られた参考資料です。
○ 関連する施策等について
『地域包括ケアシステム』
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/
kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/

『地域医療構想』
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080850.html
『在宅医療の推進について』
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000061944.html
『地域医療総合確保基金』
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109090.html
『新公立病院改革ガイドライン』(総務省)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000382135.pdf
○ 医療・介護の提供体制等に関する情報サイト等
地域包括ケア「見える化」システム
http://mieruka.mhlw.go.jp/
日本医師会 地域医療情報システム
http://jmap.jp/
地域の医療介護提供体制の現状-市区町村別データ集(地域包括ケア
関連)(2015 年度)(日本医師会総合政策研究機構)松田 晋哉 『地域別人
口変化分析ツールAJAPA』
https://sites.google.com/site/pmchuoeh/oshirase/ajapa
石川 ベンジャミン 光一 (2013~) 資料公開サイトTableau
https://public.tableau.com/profile/kbishikawa#!/
病院情報局
http://hospia.jp/
○ 地域医療構想に関連する書籍
松田 晋哉 (2015)『地域医療構想をどう策定するか』(医学書院)
島崎 謙治 (2015)『医療政策を問いなおす』(ちくま新書)
東日本税理士法人、日経メディカル開発(2015)『病院再編・統合ハンド
ブック』(日経メディカル開発)
▽かささぎ日誌
こないだの西日本新聞に医師会副会長の先生が医療事故調査会の
会長になった記事が載っていました。それをみて、あらあ、今までなか
ったの!!!とひどく驚く。
ネットで探せどよくわからない。おりたたんでしまった新聞をさがしだす
のもおっくう。
これ↓とはちがいます?
運営委員会座長の樋口範雄氏(左)、機構理事長の高久史麿氏(右)。
出典;https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/314965/

日本医療安全調査機構、“事故調”の準備着々

過去10年間のモデル事業239例も総括      

2015年4月23日 橋本佳子(m3.com編集長)

あと、こんなのもみつけた。
「地域医療構想」をはじめ、各地域単位の施策が相次ぐ中、医療界全体が
連携してやっていくために、「リーダーシップを都道府県医師会、郡市区
医師会が発揮してもらいたい」(中川俊男氏)。

写真

    

 ただし、いくら「うちは、急性期」と言っても、実際に提供している医療が
急性期でなければ、診療報酬では評価されない可能性はあります。
その辺りは考えていただきたい。

 来年の4月からは、地域医療構想(ビジョン)の策定が始まり、その実現
のために、地域の医療関係者や行政などが集まり、「協議の場」を設置し
ます。この点については、「前倒しで、『協議の場』を作り、協議の仕方を
練習してもらいたい」とお願いしています(『地域医療構想ガイドライン、
1月策定へ』
を参照)。郡市区医師会が協議の場で、突然、主導権を取り、
発言していくのは難しいと思うからです。地域医療構想を作る段階から、
「協議の場」を作り、実践的に議論に参加してもらいたい。
都道府県医師
会も、郡市区医師会に対して、そうした配慮をしていただきたいと思います。

――そもそも、なぜ病床機能報告制度や地域医療構想が必要になったと
お考えですか。言い換えれば、現状の医療提供体制の問題をどう見て
おられますか。

つづきは、ここで。↓https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/261970/

地域医療構想は医師会主導で - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.1

「現状維持の構想があってもいい」      

2014年10月21日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)

行政が主導権をにぎると、うまくいかない、とかれはいっていますね。

この人が医師会副会長ですね。
でも新聞で見た先生とは印象が全く異なる。なあ。

あのひとはもしや、福岡県医師会副会長だったのかもしれない。
うんきっとそうだ。
すみません、いいかげんな記憶でものをかいております。

« くるこない預金封鎖は平等に | トップページ | [2割5分以上, 0.6割以上,2割5分を2割3分と読み替えたもの] »

コメント

わかりました。
上野道雄さんでした。
此処に関連記事があります↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなのみつけた。地域医療構想と事故調:

« くるこない預金封鎖は平等に | トップページ | [2割5分以上, 0.6割以上,2割5分を2割3分と読み替えたもの] »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31