無料ブログはココログ

« 崎山言世氏のコメント紹介~小学唱歌の作詞者たち | トップページ | 今朝のラッシュ »

2016年2月25日 (木)

院中の他医療機関受診時における減算規定の緩和

平成28年度診療報酬改定(74)

 

橋爪 章

院中の他医療機関受診時における減算規定の緩和
<基本的な考え方>
入院中の患者が、異なる診療科の疾患を有する場合にも診断・治療が円滑に行われるよう、入院中の他医療機関受診時の減算について、診療科の少ない保険医療機関等に配慮し、控除率を緩和する。
<具体的な内容>
精神科病院や有床診療所など、特に診療科の少ない保険医療機関等に配慮し、控除率を緩和するとともに、透析又は共同利用を進めている機器による検査のみを目的とする場合の算定方法は活用されていないため廃止する。
【入院中の患者の他医療機関への受診について】
[出来高入院料の場合]
出来高入院料は当該出来高入院料の基本点数の 10%を控除した点数により算定すること。
[特定入院料等(包括診療行為算定)の場合]
特定入院料等を算定している場合であって、当該他医療機関において特定入院料等に含まれる診療に係る費用(特掲診療料に限る。)を算定する場合は、特定入院料等は、当該特定入院料等の基本点数の40%を控除した点数により算定すること。
ただし、精神療養病棟入院料、認知症治療病棟入院料又は有床診療所療養病床入院基本料を算定している場合は、当該特定入院料等の基本点数の20%を控除した点数により算定する。
[特定入院料等(包括診療行為未算定)の場合]
特定入院料等を算定している場合であって、当該他医療機関において特定入院料等に含まれる診療に係る費用(特掲診療料に限る。)を算定しない場合は、特定入院料等は、当該特定入院料等の基本点数の10%を控除した点数により算定すること。
(転載)
▽ドラマ『フラジャイル』
がおもしろい。すこしおおげさだろうな。とはおもうけど、そうなんだ。と教えられることが多い。大病院では医師も病理医や画像診断医とかにきっちり区分けされている。それ、しらなかった。いや、おもしろいなあ。患者も区分けされるが、みるがわにも区分けがあるとは。
おととい、こめんとくださったかたは、おわかいかたなんだろうか、それとも、べてらんのものかきさんだろうか。あれこれ想像してしまいます。ありがとうございます。おつこつさぶろうと、とうおんと、小学唱歌の編纂者のこと。まだなにもしらなかったので、ありがたし。

« 崎山言世氏のコメント紹介~小学唱歌の作詞者たち | トップページ | 今朝のラッシュ »

コメント

精神科デイケア 診療報酬 減算

でみえています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院中の他医療機関受診時における減算規定の緩和:

« 崎山言世氏のコメント紹介~小学唱歌の作詞者たち | トップページ | 今朝のラッシュ »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31