無料ブログはココログ

« こんなのみつけた。地域医療構想と事故調 | トップページ | りちゃーど・こしみずさん »

2016年2月14日 (日)

[2割5分以上, 0.6割以上,2割5分を2割3分と読み替えたもの]

平成28年度診療報酬改定(64)

  橋爪 章

業界紙でも詳しく報道されていますが、影響が大きい項目について、順次、紹介してゆきます。
7対1入院基本料等の施設基準の見直し
(一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の見直し)
<基本的な考え方>
「重症度、医療・看護必要度」について、現行の基準を満たす患者以外にも、医療の必要性が高い患者も多くみられることから、手術直後の患者、救急搬送後の患者、無菌治療室での管理、認知症・せん妄の患者等を含め、急性期に密度の高い医療を必要とする状態が「重症度、医療・看護必要度」等において適切に評価されるよう、見直しを行う。
<具体的な内容>
【評価項目の見直し】
A項目(モニタリング及び処置等)
・専門的な治療・処置 に ⑪ 無菌治療室での治療 を新設
救急搬送(2日間) を新設
B項目(患者の状況等)
・起き上がり を削除
・座位保持 を削除
・危険行動 を新設
・診療・療養上の指示が通じる を新設
C項目(手術等の医学的状況) を新設

・開頭の手術(7日間)
・開胸の手術(7日間)
・開腹の手術(5日間)
・骨の観血的手術(5日間)
・胸腔鏡・腹腔鏡手術(3日間)
・全身麻酔・脊椎麻酔の手術(上記項目を除く)(2日間)
・救命等に係る内科的治療(2日間)
【基準の見直し】
一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」に係る基準]
次のいずれかの基準を満たすこと
・ モニタリング及び処置等に係る得点(A得点)が2点以上、かつ患者の状況等に係る得点(B得点)が3点以上
・ モニタリング及び処置等に係る得点(A得点)が3点以上
・ 手術等の医学的状況に係る得点(C得点)が1点以上
[地域包括ケア病棟入院料における一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」に係る基準]
モニタリング及び処置等に係る得点(A得点)が1点以上、又は手術等の医学的状況に係る得点(C得点)が1点以上。
【7対1入院基本料】
一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の基準を満たす患者を2割5分以上入院させる病棟であること。
【急性期看護補助体制加算、看護職員夜間配置加算】
一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の基準を満たす患者を、10対1入院基本料を算定する病棟にあっては0.6割以上入院させる病棟であること。
[経過措置]
平成28年3月31日に当該入院料の届出を行っている病棟については、平成28年9月30日までの間、上記の基準を満たしているものとする。
また、平成28年3月31日に当該入院料の届出を行っている病棟(病床数200床未満の保険医療機関が有するものに限る。)であって、当該入院料の病棟群単位の届出を行わないものにあっては、7対1入院基本料の施設基準について、平成30年3月31日までに限り、一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の基準を満たす患者の割合について、2割5分を2割3分と読み替えたものを満たす必要がある。
▽かささぎメモ
見出しとした数字、。
[2割5分以上, 0.6割以上,2割5分を2割3分と読み替えたもの]
ちゃんとした根拠があっての数字なのでしょうが、しろうとには妙に響きます。
とくに、「0,6割以上」といういいかた。こんないいかたってあるのかな。
六分以上とかいたんじゃぐあいがわるいのかな?
また、さいごの「2割5分を2割3分と読み替えたものを満たす必要がある。 」というのは、なんで?ぶしのなさけ、いや、いしのなさけ、なのかな。
こういう、こまかなニュアンスがわからないと、おもしろくありませぬ。

« こんなのみつけた。地域医療構想と事故調 | トップページ | りちゃーど・こしみずさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [2割5分以上, 0.6割以上,2割5分を2割3分と読み替えたもの]:

« こんなのみつけた。地域医療構想と事故調 | トップページ | りちゃーど・こしみずさん »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31