無料ブログはココログ

« 年齢別死亡率から死亡者数の増減の理由をかんがえる | トップページ | 平成22年23年後期高齢者死亡率が増大した理由は? »

2016年1月 8日 (金)

ももこさん

きくちももこさんがてれびにでていらした。

すばらしいとおもう。

正月のどらまでみた、永作博美さん主演の湊かなえ原作どらまのヒロイン。

おなじくらいにこころえぐられ、感動した。

« 年齢別死亡率から死亡者数の増減の理由をかんがえる | トップページ | 平成22年23年後期高齢者死亡率が増大した理由は? »

コメント

このテレビドラマ、見たかったのに、見れなかった。女性作家によるミステリーでしょ。発熱で寝てたもんね、この日。
湊かなえさんの作品は、読後感がハンパなく居心地の悪さを感じるものが多いと
思う。
再放送ないかな?ああ、見たかったなあ。

菊池桃子さん。
若い頃より、今の彼女の方がずっと好感が持てます。しっとりしたイメージと柔らかな強さがある。
ご自分の病気と、お嬢さんのしょうがいを公表したとありました、インターネットの記事に。

せいこさん、たまたまみたのですよ。
おなじくたまたまくれに、日曜朝七時の「ボクらの時代」もみていた。にちようもおなじようにあさはやくめがさめるので、よくみます。ぼくら↓
これには永作博美と湊かなえさんがそろってでていた、ふだんぎのかおで。↓
走れメロスが肯定的につかわれていたことにかんどう。再映、みたい。

今朝初めて僕らの時代というテレビ番組を視聴しました。
もちろん、全くの偶然に。

菅田将暉、太賀、松坂桃李。
いまをときめく俳優さんたちのトークが面白くて、また観たい番組になりました。

すだまさき、ってこは、えーゆーのシーエムでおにをやっているこだったのだねえ。なるほどねえ。

どらま、ムーンストーンがいちばんよくできていた。
ぐっとむねにせまった。
しょうじょじだいのかんけいが、ぎゃくになってしまったこと。そのげんいんをどらまをみながら、そうぞうさせられた。せつめいがないぶん、よはくがおおきくて、とてもよかった。

どらま、さくやの、刑事ばれりーの、もまた、よかった。おなじく永作博美さんがキーパーソンをたのしそうにえんじていた。退行催眠を駆けるジョイ。
ぜんせのきおくまででてきて。しかもすうにんがおなじきおくをきょうゆうしていて。
いっしょにみていたははが、なんてばかみたいなどらまだろうといったけど、わたしは、おかあさん、これがいまの最先端なんだから、おもしろいよ、いつもこりかたまったみかたをしていたら、なにもあじわえないよ。とつい、意見してしまいました。

ジャンヌです。
ついにヒカルランドから「ユダヤアークの秘密のふたを開けて日本からあわストーリーが始まります」が販売開始になりました。紀伊國屋、その他大手書店で平積みされていると思います。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ももこさん:

« 年齢別死亡率から死亡者数の増減の理由をかんがえる | トップページ | 平成22年23年後期高齢者死亡率が増大した理由は? »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31