無料ブログはココログ

« 祝上梓 句集『陶器の馬』 舛田傜子・著 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2015年12月31日 (木)

石橋秀野と島根県庁焼き討ち事件

ひなぐもり、をしらべていた。

うすらひ(薄日、薄氷)のはるころのくもり日でうすひの枕詞だという。
つまり准・春の季語、になるのだろうか。ひなは雛、鄙だろう。

それをうろうろ調べていたら、おなじブログで特攻批判の筋の通った記事をよむ。http://blog.goo.ne.jp/rocky63/e/cb03913abfd3acf05c7dc6382eae3bf4

とても詳しく、目をみはらされる。
(わたしは昭和29年生まれだが、昭和の戦争の全貌をしらない。

今、世界の政治家の多くがおなじ1954年生まれなのに驚く。
中国のしゅうきんぺい、にほんのあべさん、どいつの総理。)


石橋秀野をしらべていたころ、もう二十年ほど前になりますが、まだネット社会ではなかった。

昭和二十年、終戦の年の松江疎開時代の句に、長い長い前書きのある三句がある。

師走某日、この日判決下りたる島根県庁焼討事件
の被告達の家族、徒歩にて刑務所に帰る被告を目
送のため裁判所横の陰にたゝずめるに行きあひて 三句

網笠に須臾の冬日の燃えにけり
冷さの手錠にとざす腕かな
凍雲や甲斐なき言をうしろ影

「島根県庁焼き討ち事件」がどういうものだったのか調べてもわからなかった私は、赤の思想犯がやったことではなかったか」と研究ノートに書いた。そして訂正しないまま出版した。

いまならぐぐればすぐにわかるし、年々情報量が分厚くなる。

だがそのころは、皆目わからなかった。
(わたしだけでなく、芦屋の秀野研究家で歴史の先生の西田元次氏もわからないと当初書かれていたほどだ)。

松江騒擾事件(まつえそうじょうじけん)は、1945年(昭和20年)8月24日未明、日本島根県松江市で青年グループ「皇国義勇軍」数十人が武装蜂起し、県内主要施設を襲撃した事件である。民間人1名死亡。

松江騒擾事件という名称は取締当局によるものであり、皇国義勇軍事件[2]島根県庁焼き打ち事件とも呼ばれる[1]

この事件は太平洋戦争敗戦直後に各地で発生した無条件降伏に反対する騒擾事件の一つである[3]。地方都市である松江市で発生した事件であるが、大日本帝国憲法下における全国的規模の騒乱を目的とした最後のクーデターであり[4]大審院で裁かれた最後の事件でもある[5]

1945年(昭和20年)8月15日、ポツダム宣言の受諾による日本の降伏が玉音放送によって国民に発表されると、その2日後の8月17日、東京では降伏に反対する尊攘同志会の会員らが愛宕山に篭城、全国に決起を呼びかけた。(愛宕山事件

松江騒擾事件は、この愛宕山事件に呼応する形で発生した[3]8月24日未明、尊攘同志会会員であった岡崎功(当時25歳)を中心とした20歳前後の男女数十人が「皇国義勇軍」を名乗って武装蜂起し、各隊員が分担して県内の主要施設を襲撃した。島根県庁は焼き討ちされ、新聞社・発電所もその機能を一部破壊された。事前の計画では、知事検事正暗殺も企図されていたが、足並みが揃わず失敗した。一味は各地を襲撃後、全国に決起呼びかけを行うため放送局に集結したが、放送局長はこれを固く拒否した。押し問答が続く間に警官・軍隊が放送局を包囲し、その結果全員が検挙され鎮定された。

島根県庁舎・県会議事堂のべ3000m²は全焼し、被害額は約192万円を計上(1946年(昭和21年)当時の県職員給与総額は103万円)、焼き討ちの際に住民1人が殺害され[1]、書類等も多数焼失した[6]。発電所襲撃の影響で、松江市内は3時間半にわたり停電となった[7]。新聞社も襲撃の影響で8月31日までタブロイド判での発行を余儀なくされた[8]

行政・治安当局をはじめ、敗戦直後の島根県民には異常な衝撃を与えたが[9]、報道管制などが功を奏し、この蜂起が全国に波及することはなかった[10]。皇国義勇軍の主要メンバーは服役したのち、教育者や印刷会社職員、産業廃棄物処理業などに就いていたことが判明しているが、その他のメンバーの行方についてはほとんど分かっていない。

事件を起こした皇国義勇軍のメンバーは、全て主犯の岡崎功(当時満25歳)の影響を受けていた。またサブリーダーの長谷川文明(当時24歳)と行動隊長格の波多野安彦は、大東塾影山正治を崇拝していたとされる[11]。この岡崎・長谷川・波多野の3人は、事件発生の約半年前から、島根県松江市内の大日本言論報国会島根支部を介して知り合い、敗色の濃い戦局のなかで「昭和維新・一斉決起」の謀議を行っていたが、そのまま1945年(昭和20年)8月15日の終戦を迎えた。終戦までの詳細は以下の通り。

つづきはここでhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E9%A8%92%E6%93%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6

« 祝上梓 句集『陶器の馬』 舛田傜子・著 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

猪瀬直樹「恩赦のいたずら」↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石橋秀野と島根県庁焼き討ち事件:

« 祝上梓 句集『陶器の馬』 舛田傜子・著 | トップページ | あけましておめでとうございます »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29