無料ブログはココログ

« 保健医療経営大学の、ハロウィーンパーティー!! | トップページ | 葬儀の司会業 »

2015年11月 2日 (月)

医療経営士による組織効率化・強化セッション

全国医療経営士実践研究大会(1日目)

   橋爪 章

 本日と明日、金沢市で全国医療経営士実践研究大会が開催されています。
基調講演は医療経済研究機構所長の西村周三氏による「地方創生の推進に向けて今、我々は何をすべきなのか-新たな地域医療・介護の実現を目指して」でした。
特別講演は前・厚生労働省医政局地域医療計画課医師確保等地域医療対策室長の佐々木 昌弘氏による「地域医療構想(ビジョン)の策定から見えるわが国の将来像」でした。
その後、医療経営士による次の演題発表(地域連携セッションと患者サービス/広報セッション)がありました。
・地域包括ケアシステムの実現に向けた”まちづくり”
・地域包括ケアシステムを見据えた地域連携戦略について
・社会医療法人化による病院再生と地方創生の事例
・地域連携と広報効果
・駐車場不足問題解消のための取り組み

全国医療経営士実践研究大会(2日目)

大会2日目は、午前中いっぱい、医療経営士による次の演題発表(組織効率化・強化セッション)がありました。
・事務職によるシステム開発
・インターネットを使用した院内ITシステムの活用(Remote Access)
・労務環境改善の効能とツール
・内部監査機能確立に向けて
・特定共同指導に備えた適切な保険診療の定着
・持続的医療経営のための法的リスクマネージメント
・病院等の不動産証券化について
・医療機関における未収金の課題と対策
・事務総合職が取り組む、院内連携強化の第一ステージ
・病院職員と医療事務委託職員との協働による経営戦略
・LCO(ローコストオペレーション)による意識改革と収支改善
・経営改善を目指して(紹介患者への取り組み)
・PFM構築による組織力強化

午後は、大会運営委員長(神野正博氏)と国際医療福祉大学教授の高橋泰氏による特別対談、「東京圏の医療・介護不足を支える地方創生戦略-移住したくなる地方のビジョンとミッション」でした。
そのあと、医療経営士による演題発表の優秀者の表彰式が行われ、閉会しました。

(保健医療経営大学前学長のブログ転載)

▽かささぎメモ

「地方創生戦略-移住したくなる地方のビジョンとミッション」

西日本新聞きのうのトップ記事、杉並区から伊豆への介護民移住。
うちの母(介護認定、要支援1)に見出しをよんであげる。
いずはどこかの。
伊豆は島じゃないの、うみべたの温泉で、観光地じゃろ、とわたし。
母、そげんね、山じゃないと。
いずのやまやま、ではじまる歌があったよ。

湯の町エレジー   近江敏郎・うた
作詞:野村俊夫 作曲:古賀政男
歌詞:伊豆の山々 月あわく 灯りにむせぶ 湯のけむり ああ初恋の  ...

(これか!)
記事 http://keijumed.exblog.jp/25049274/

みじかくまとめてあって写真付き色文字多用。
見やすい。だからか↑ダントツで出ます。
神野正博さんのブログ。

« 保健医療経営大学の、ハロウィーンパーティー!! | トップページ | 葬儀の司会業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療経営士による組織効率化・強化セッション:

« 保健医療経営大学の、ハロウィーンパーティー!! | トップページ | 葬儀の司会業 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31