無料ブログはココログ

« コンビニよりも多い薬局、世界一多い薬剤師 | トップページ | 『窓ガラス』 『生きがい』 »

2015年11月 9日 (月)

受診時定額負担、かかりつけ医以外を受診した場合

財政制度等審議会(7)

橋爪 章

  • facebookでシェア0
  • twitterでつぶやく
  • 0
  •  

    「入院・外来等に係る改革」について、改革の方向性は次の通りです。
    <診療報酬体系における機能に応じた病床の点数・算定要件>
    ・診療報酬体系における7対1入院基本料算定要件の一層の厳格化、病床4機能と整合的な点数・算定要件の設定(療養病床の地域差是正に向けた診療報酬上の対応を含む)
    28年度(又は30年度)診療報酬改定において措置
    <療養病床に係る地域差の是正)/慢性期の医療・介護サービスに対応するサービス提供体制>
    ・療養病床の地域差是正に向けた診療報酬上の対応(医療区分2・3の要件厳格化、医療区分1の配置基準緩和・報酬引下げ)
    ・介護療養病床の廃止と効率的なサービス提供体制への転換
    診療報酬上の対応については、28年度改定において対応
    介護療養病床の廃止と転換については、29年度までに予定通り介護療養病床を廃止しつつ、厚生労働省の「療養病床の在り方等に関する検討会」の結論等も踏まえ、効率的な受け皿への転換を含め、慢性期に対応した効率的なサービス提供体制を構築
    <かかりつけ医普及の観点からの診療報酬上の対応・外来時の定額負担>
    ・地域包括診療料の普及に向けた必要な要件緩和等
    ・かかりつけ医以外を受診した場合において個人が日常生活で通常負担できる少額の定額負担の導入
    診療報酬上の対応は28年度改定から見直し
    受診時定額負担について、速やかに関係審議会等において制度の実現・具体化に向けた検討を開始し、28年末までのできる限り早い時期に結論を得て、その結果を踏まえ、遅くとも29年通常国会に所要の法案を提出
    ▽かささぎ日誌
    おお、もう調剤薬局の話題ではないのか。
    しかも、きのうのぶんは、トップ表示になっていなかった。
    もういちど、よんでくださいね。
    けさ、折り込み広告で求人をみたら、筑後地方、事務員月額13万5千円、に対し、病院薬剤師の求人は月額45万円(年俸制)とでていた。年俸制ということはボーナス込なんだろう。
    ここ数年で八女みたいないなか町でも目に見えてかわったこと。
    ドラッグストアがふえた!
    なんとわが村にもコスモスができた。
    どこへいっても、くすりがおいてある。
    で、くすりがおかれていない昔ながらのスーパー、たとえばマルキョーはとっても苦戦している。どうしても価格でまけるから、外税表記にしたり。
    なんだか、おそろしい。
    社員とパート雇用の格差といい、こんな競争といい。
    こころは戦国時代、かもしれない。

    « コンビニよりも多い薬局、世界一多い薬剤師 | トップページ | 『窓ガラス』 『生きがい』 »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 受診時定額負担、かかりつけ医以外を受診した場合:

    « コンビニよりも多い薬局、世界一多い薬剤師 | トップページ | 『窓ガラス』 『生きがい』 »

    最近のトラックバック

    2020年8月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31