無料ブログはココログ

« 地域包括診療料の請求が進まない理由は | トップページ | 窓際 »

2015年11月17日 (火)

いかけやさんティンカー・ベル

明治・大正期の鋳掛屋(日下部金兵衛撮影)

写真引用元;https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%B3%E6%8E%9B%E5%B1%8B

江戸時代から昭和期にかけての家財道具であるは主に鋳鉄製であったが、当時の鋳造技術では鬆(ス)が入りやすく、また、ひび割れ等により穴が開くことがあった。その一方、「月夜に釜を抜かれる」といったことわざにみられるように、鍋釜を含む金属類は近代工業以前まで泥棒が真っ先に狙うほどの貴重品であった。したがって、穴が開いたとしても容易に捨てたり買い換えたりするわけにいかず、完全に使い物にならなくなるまで補修を繰り返しながら使っていたのである。これを請け負う修理業者が鋳掛屋である。[2][注釈 1]

語源は金属を「鋳て」(溶かして)「かける」から「いかけや」である。

てぃんかー・べる

  • 人間の赤ちゃんが最初に笑ったとき、妖精は生まれ、「妖精なんていない!」と言われる度に、妖精が一人ずつ消えていく。ティンカー・ベルも、その妖精の一人である。
  • ネバーランドに住む妖精で彼女の妖精の粉を浴び、信じる心を持てば空を飛べる。Tinkerとは鋳掛(いか)け屋のことである。
  • ティンカー・ベルは、壊れたおなべフライパンなどを直す、金(かな)もの修理の妖精である。腕のいいティンクは、物を修理することがなによりのよろこびであった。
イライラしたり、何かに集中したりすると、前髪をひっぱるくせがある。
性格は気が強く、かなりの焼きもちやきでウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリングに意地悪をする。しかし、正義感も友だちを思う気持ちも人一倍強い。その証拠に、友人のピーター・パンがフック船長の罠によって毒を飲みそうになったときに、ピーター・パンを助けるために彼女が代わりに毒を飲み干すシーンがある。
  • ちなみにロンドンからネバーランドまで、2時間45分で飛ぶことができる。

« 地域包括診療料の請求が進まない理由は | トップページ | 窓際 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いかけやさんティンカー・ベル:

« 地域包括診療料の請求が進まない理由は | トップページ | 窓際 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31