無料ブログはココログ

« 石を運ぶ | トップページ | 九州地区現代俳句協会の俳句大会の作品を募集 »

2015年9月 9日 (水)

沖縄県と秋田県  死亡率は?

平成26年の人口動態(3)

人口千対死亡率(人口千対)は10.1で、都道府県差があります。
最も低いのが沖縄県で、出生率11.6に対し死亡率8.1ですので人口は大きく増加しています。
滋賀県と愛知県も出生率が死亡率を上回っています。
東京都は出生率と死亡率が同じです。
他の道府県では死亡率が出生率を上回っています。
最も死亡率が高いのは秋田県で、出生率5.8に対し死亡率14.6ですので、人口が大きく減少しています。
8.1 沖  縄
8.3 神奈川
8.5 東  京
8.6 埼  玉、愛  知
8.8 千  葉、滋  賀
9.4 大   阪
9.8 福  岡
9.9 宮  城、京  都、兵  庫
10.1 奈  良
10.5 茨  城、静  岡、広  島
10.6 栃  木、石  川
10.8 岐  阜
10.9 三  重
11.0 群  馬、岡  山
11.2 北海道
11.3 福  井
11.5 熊  本
11.7 佐  賀
11.8 山  梨、香  川、宮  崎
11.9 富  山、長  野
12.1 大  分
12.2 福  島
12.3 新  潟
12.4 鳥  取、長  崎
12.6 愛   媛
12.7 岩  手
12.8 山  口
12.9 青  森、鹿児島
13.0 和歌山、徳  島
13.4 山  形
13.5 島  根
13.6 高  知
14.6 秋  田
(保健医療経営大学前学長橋爪章ブログ転載)
▽かささぎメモ
こんどは沖縄県と秋田県でヤフってみました。
やはり沖縄県が秋田に学ぶ学力向上のとりくみがトップで出ます。
その逆の、秋田県がおきなわにまなぶ、出生率向上のとりくみ、はでてこない。
ほかは、摩文仁の丘に千秋公園(秋田)にちなんだ平和を祈る千秋の塔があることの紹介。
秋田には窪田じゃなかった久保田という藩主や、佐竹氏がいたのですか。ふうむ。
あきたという地名の由来;
久保田藩が郡名「秋田」から「秋田藩」と改称したことに由来する。 古くは日本書紀に「齶 田(あぎた)」「飽田」の名で見られ、天平五年(733年)の続日本紀で「秋田村」の名が見 られる。 語源には、「あいた(「あい」が湧き水を意味し、「た」が場所を示す接尾語)」が(ここまでがリード)
以下、古田史学会古賀達也ブログ引用。
和田家文書『東日流外三郡誌』の著者、秋田孝季(あきたたかすえ)のことを少しご紹介します。『東日流外三郡誌』などの末尾には「秋田 土崎住 秋田孝季」と記されている例が多いのですが、これらの記述から、孝季が秋田土崎(今の秋田市土崎)で『東日流外三郡誌』などを著述したとがわかる のですが、なぜ津軽ではなく秋田土崎なのかが不明でした。
ところが、秋田県ご出身の太田斉二郎さん(古田史学の会・副代表)が現地調査などで秋田市土崎に橘姓が多いことを発見されたのです。というのも、和田家 文書によれば秋田孝季のもともとの名前は橘次郎孝季だったからです。孝季の母親が秋田家三春藩主に「後妻」として入ったことにより、橘次郎孝季から秋田孝 季と名乗るようになったのです。ですから、秋田土崎は秋田孝季の「実家」の橘家があった可能性が高いのです。だから、秋田土崎の地で『東日流外三郡誌』を 初めとした膨大な和田家文書の執筆に孝季は専念できたのです。
秋田県や秋田市には全国的に見れば、橘姓はそれほど多く分布していません。むしろ少ないと言った方がよいかもしれません。ところが、秋田市内の橘姓の七割が土崎に集中していることを太田さんが発見されたのです(太田斉二郎
「孝季眩映〈古代橘姓の巻〉」、『古田史学会報』24号、1998)。この発見により秋田孝季がなぜ秋田土崎で執筆したのかがわかったのです。
こうした事実は偽作説では説明しにくいでしょう。現地調査により、秋田孝季の実在を証明する事実が明らかになるのではないかと期待しています。いつかわたしも現地調査を行いたいと思っており、現地に協力者が現れることを願っています
http://furutasigakublog.lekumo.biz/koganiki/cat9689051/

« 石を運ぶ | トップページ | 九州地区現代俳句協会の俳句大会の作品を募集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県と秋田県  死亡率は?:

« 石を運ぶ | トップページ | 九州地区現代俳句協会の俳句大会の作品を募集 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31