無料ブログはココログ

« 日光の星野源流氏、コメントまとめ | トップページ | 六田橋 »

2015年9月 2日 (水)

医療費助成の対象とならない指定難病の患者を含む指定難病患者データベースを構築する

難病対策(1)

 

橋爪 

先週末(20日)、厚生科学審議会疾病対策部会において「難病の患者に対する医療等の総合的な推進を図るための基本的な方針」がまとまりました。
本年1月1日に施行された「難病の患者に対する医療等に関する法律」に基づく国と地方公共団体等が取り組むべき方向性を示したものです。
これによると、難病対策は、以下の考え方に基づいて計画的に実施されます。
難病は、一定の割合で発症することが避けられず、その確率は低いものの、国民の誰もが発症する可能性があり、難病の患者及びその家族を社会が包含し、支援していくことがふさわしいとの認識を基本として、広く国民の理解を得ながら難病対策を推進することが必要である。
◯難病対策は、難病の克服を目指し、難病の患者が長期にわたり療養生活を送りながらも社会参加への機会が確保され、地域社会において尊厳を持って生きることができるよう、共生社会の実現に向けて、難病の特性に応じて、社会福祉その他の関連施策との有機的な連携に配慮しつつ、総合的に実施されることが必要である。また、国及び地方公共団体のほか、難病の患者、その家族、医療従事者、福祉サービスを提供する者など、広く国民が参画し実施されることが適当である。
難病の患者に対する医療費助成制度に関する基本的な考え方と今後の取り組みの方向性は次の通りです。
◯難病の患者に対する医療費助成制度は、法に基づいて適切に運用することとし、医学
の進歩等の難病を取り巻く環境に合わせ適宜その運用を見直すとともに、本制度が難病
に関する調査及び研究の推進に資するという目的を踏まえ、指定難病の患者の診断基準や重症度分類等に係る臨床情報等を適切に収集する。
◯指定難病については、定められた要件を満たす疾病を対象とするよう、国は、疾病について情報収集を広く行い、それぞれの疾病が置かれた状況を踏まえつつ、指定難病の要件の適合性について適宜判断を行う。併せて、国際的な状況も含めた医学の進歩に応じ、診断基準や重症度分類等についても随時見直しを行う。
◯法に基づく医療費助成制度の目的が、難病の患者に対する経済的支援を行うとともに、難病に関する調査及び研究の推進に資することであることに鑑み、国は、指定難病患者データの収集を行うため、医療費助成の対象とならない指定難病の患者を含む指定難病患者データに係るデータベースを構築する。指定難病患者データベースの構築及び運用に当たっては、国及び都道府県は、個人情報の保護等に万全を期すとともに、難病の患者は、必要なデータの提供に協力し、指定医は、正確な指定難病患者データの登録に努める。
難病の患者に対する医療を提供する体制の確保に関する基本的な考え方と今後の取り組みの方向性は次の通りです。
◯難病は、発症してから確定診断までに時間を要する場合が多いことから、できる限り早期に正しい診断ができる体制を構築するとともに、診断後はより身近な医療機関で適切な医療を受けることができる体制を確保する。その際、難病の診断及び治療には、多くの医療機関や診療科等が関係することを踏まえ、それぞれの連携を強化するよう努める。
◯難病については、できる限り早期に正しい診断ができ、より身近な医療機関で適切な外来、在宅及び入院医療等を受けることのできる体制が肝要である。このため、国は、難病の各疾病や領域ごとの特性に応じて、また、各地域の実情を踏まえた取組が可能となるよう、既存の施策を発展させつつ、難病の診断及び治療の実態を把握し、医療機関や診療科間及び他分野との連携の在り方等について検討を行い、具体的なモデルケースを示す。
◯都道府県は、難病の患者への支援策等、地域の実情に応じた難病に関する医療を提供する体制の確保に向けて必要な事項を医療計画に盛り込むなどの措置を講じるとともに、それらの措置の実施、評価及び改善を通じて、必要な医療提供体制の構築に努める。
◯医療機関は、難病の患者に適切な医療を提供するよう努め、地方公共団体や他の医療機関と共に、地域における難病の診断及び治療に係る医療提供体制の構築に協力する。また、指定医その他の医療従事者は、国や都道府県の示す方針に即し、難病の患者ができる限り早期に正しい診断を受け、より身近な医療機関で適切な医療を受けることができるよう、関係する医療機関や医療従事者と顔の見える関係を構築し相互に紹介を行う等、連携の強化に努める。
◯国立高度専門医療研究センター、難病の研究班、各分野の学会等が、相互に連携して、全国の大学病院や地域で難病の医療の中心となる医療機関と、より専門的な機能を持つ施設をつなぐ難病医療支援ネットワークの構築に努められるよう、国は、これらの体制の整備について支援を行う。
◯国は、小児慢性特定疾病児童等に対して、成人後も必要な医療等を切れ目なく行うため、小児期及び成人期をそれぞれ担当する医療従事者間の連携を推進するためのモデル事業を実施し、都道府県、指定都市及び中核市は、これらの連携の推進に努める。
◯国は、難病についてできる限り早期に正しい診断が可能となるよう研究を推進するとともに、遺伝子診断等の特殊な検査について、倫理的な観点も踏まえつつ幅広く実施できる体制づくりに努める。
(保健医療経営大学前学長橋爪章ブログ転載)
▽かささぎ日誌
九月から工場の組み立て班のメンバーがかわる。
ボスがリーダーから主任へ昇格、ふたつの班のボスとなられた。
それにともない、若手のベテランが新リーダーになったので、全体的に班が若くなる。
春に入社の新卒女子がボスのやっておられた検査の仕事を任されている。
とても責任のおもい仕事であるが、もくもくと彼女はこなしている。
どのしごとも、おなじであるのだが、気が抜けない。
学ばされることばかりだ。
十人、みな一丸となってがんばっている毎日。
ところで、原爆忌の俳句をくださいとおねがいしたときに、かえってきた返信のなかに、無呼吸睡眠障害をわずらった、という声がありました。
テレビでもみたことがあります。
また、脳神経外科にすべってころんで後頭部打撲でみていただいたとき、うけつけの横に、そのパンフレットが置かれていました。多いのだろうか。
わたしのまわりでは、難病のひとつのパーキンソン病がひそかに増えつつあります。
また、ブログでしりあった、オルフェさんには、教わることが多く、とても感謝しております。
たとえば、わたちのがんでなくなった父は晩年とこずれになりましたが、それがじっさいにどんなきもちのものなのか。
これhttp://plaza.rakuten.co.jp/orfeu2005/diary/201503070000/をよんで、すこしはわかりました。

« 日光の星野源流氏、コメントまとめ | トップページ | 六田橋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日光の星野源流氏、コメントまとめ | トップページ | 六田橋 »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30