無料ブログはココログ

« 地名のなかの時間学 | トップページ | 難病の患者本人と家族を支えるために »

2015年9月 3日 (木)

祈祷院のはっさくさんの花火

祈祷院のはっさくさんの花火

右手の明かりは川崎病院のです

« 地名のなかの時間学 | トップページ | 難病の患者本人と家族を支えるために »

コメント

昨夜は雨も上がってよかったですね。
我家からもばっちり見えます。
今年は間がなくてけっこうバンバン上がってましたね。

自宅から見えますか。
うちは先っぽだけです。
残業を2時間して帰る道で見ました。
去年と同じようでも、ことしの方が賑やかでしたね。

今年も昔を懐かしみながら音だけの遠花火でした。5年前まではいつも屋根に上がって観てました。来年の八朔さんはどうしょるやか?

八女で花火といえば、これと、宮野のしか知らない。
宮野のは新しいから、ここが老舗ですね。
来年も遠花火、みたい。
うちはたかひろがみにいった。笑

自慢じゃなかけど、きといんの花火って、見たことなかとよ。
今年はどこの花火も見てない。

山内の花火ってもうなくなったのかな?
べんがらのはなび、きといんのはなび。
八女市の二大はなびだね。

花火は音だけ聞こえても風情がありますね。
山内も上がりますよ。すいてんぐさんの5月です。
おかげさまで3つともきれいに見えます。
山内と祈祷院は奉納花火だからありがたく鑑賞するけどべんがらの花火大会は市民の税金で上がるから納得しないという意見もあるみたいです。
子供時代は祈祷院の花火大会では坂を下りた場所で毎年果物売りの手伝いでした。父は余興でバナナのたたき売りの口上で賑わせてました。
しゃがんで下から見ていると、高くかかげられたバナナが口上と共にだんだん値段が下がってきます。
そしてそれを早く求めようとする大人たちの手があちこちから伸ばされて楽しい風景でした。

そっかそっか。やまうちもありますね!
じぶんがいったことないものだから、。
あと、すいてんぐさんといえば、やましたのすいてんぐさんというのもあるみたいよ。花火があがるかはしらないけれど。(山下というところをよくしらない。八女立花になるのか、筑後になるのか?せいちゃんのだんなさんの故郷では)
えめさんのこどもじだいの思い出ばなし、とってもおもしろいし、あじがあります。
ときどきブログで古い記事をみています。
ほっこりします。笑。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈祷院のはっさくさんの花火:

« 地名のなかの時間学 | トップページ | 難病の患者本人と家族を支えるために »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29