無料ブログはココログ

« 送電塔のある風景 | トップページ | 臨床研究中核病院として承認されるための要件 »

2015年8月24日 (月)

時間学研究会活動報告 第1回ー第16回

 

 

What’s 時間学 ? (その55)
「時間学研究会の歩み 」

Share on Facebook

Share on GREE

保健医療経営大学に「時間学研究会」が発足して3年目に入りました。
研究機関としての機能を地道に果たしつつ歩んでいます。これまで
の活動を研究会の記録から、振り返り新たな活動への礎にしたい
と考えます。

(「時間学研究会」第26回記録)
(1)日時 2015年7月22日(水)18:20~20:55
(2)場所 社会調査実習資料室
(3)参加者 6名 (4)発表とテーマ 
   形 式  : 参加者全員によるフリートーキング
   テーマ  : 1)時間学研究会の歩みと展望、
             2)2018年問題(特に18歳人口の減少推移)に関連して
(5)内容 
時間学研究会の事務担当が、準備資料を概要説明した後、質疑応答
があり、その後各自の意見、感想等を述べあった。

(6)保健医療経営大学 時間学研究会の活動記録 
(その1:第1回~第16回 )

回数  開催年月日  テーマ   発表者    出席者(含・発表者)

第1回 2013年1月17日(木)  発足準備会
 1)主宰者挨拶 2)メンバー自己紹介 3)研究会の進め方について、
    他  5名
第2回 2013年2月21日(木) 「時間学とは何か」 
       辻 正二先生   6名
第3回 2013年4月18日(木)   
 「時の尺度化:人類は時間をどのように理解しようとしてきたか」 
                           辻 正二先生    7名
第4回 2013年5月16日(木) 「タイムトラベルについて」
                                                   橋爪 章先生   7名
第5回 2013年6月20日(木)  
 「観光・ツーリズムとまちづくりに関する「時間」の問題」
                                                内田和実先生 5名
第6回 2013年7月16日(木)「永遠と今─仏教の時間─」 
                                     木下宏一  先生 11名
第7回 2013年8月20日(火)
  「実践的都市・交通政策研究における「時間」の意味の再考」
                   中村寛樹 先生   6名
第8回 2013年9月17日(火)「未来と今 ─ キリスト教の時間」
                                       
松永伸夫会員 6名
第9回 2013年10月24(木) 「転機という時間についての考察」
                                          
辻正二 先生 5名
第10回 2013年11月19日(火)「連句」という文学作品について」
                                          
橋爪 章 先生5名
第11回 2014年1月21日(火) 
 紀要原稿第6号「 時間学研究会の歩み 」(まとめ:松永伸夫会員)
の推敲          5名
第12回 2014年2月18日(火)「高速社会における高齢者の適応」
                            辻正二先生 5名
第13回 2014年3月18日(火)
「観光・ツーリズム研究における時間の捉え方に関する一考察
─時間学研究の1つの地平についての小試(私)論─ 」   
                                        内田和実先生  5名
第14回 2014年4月22日(火)「日本海軍と時間 」     
                                     木下宏一先生  6名
第15回 2014年5月15日(木) 
 「日本時間学会」第6回大会(6/7ー8)の、開催会場校としての
諸準備他について、打ち合わせと確認を行った。
(今回は、会員個人の発表は、なし。) 6名
第16回 2014年6月20日(金) 
1)「日本時間学会第6回大会」会場校としての反省と評価   6名    
2)発表
①「観光・ツーリズム行動と生命時間(体内時計)の調整機能に
関する研究の可能性(メモ)」         内田和実先生     6名
②「キリスト教の時間、「伝道の書」第3章にふれて」
                           松永伸夫会員   6名

時間学研究会の発足から1年半の2014年6月、権威ある学会の
全国大会「日本時間学会第6回大会」を会場校として招致し
重責を果たすことができました。
これからもこの研究会活動を地域の文化発展の一助へ
つなげていきたいと考えます。
なお、(その2:第17回~第25回)は、「What’s 時間学 ? (その56)」
で、報告予定です。                 

(投稿者:保健医療経営大学松永伸夫)

☆大学のオフィシャルブログより転載

▽転載者のひとりごと

みだしだけでも、とてもわくわくと興味をそそられます。
仏教者の先生もいらっしゃいますね。

木下宏一:http://www.amazon.co.jp/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E3%81%AF%E7%87%83%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%8B-%E6%9C%A8%E4%B8%8B-%E5%AE%8F%E4%B8%80/dp/4816261966

« 送電塔のある風景 | トップページ | 臨床研究中核病院として承認されるための要件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間学研究会活動報告 第1回ー第16回:

« 送電塔のある風景 | トップページ | 臨床研究中核病院として承認されるための要件 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31