無料ブログはココログ

« 夏野菜弁当 | トップページ | »

2015年7月31日 (金)

うだるよなあつさのなかのまことの忌

まこと忌や緑ふかまりゆく歌仙  

貞永まこと句集ひもとく七月尽

貞永まこと句集より不肖かささぎの旗の選句

 

嫁姑双璧として緑濃し

 

山ざくら産めと云い張る岩のこえ

 

労農の血をまたぎゆくつばくらめ

 

下萌えや祖は足軽のふくらはぎ

その森の深さとなりしもずの眼の

子は転び再び転び草若葉

汽車一輌一輌づつの枯野くる

耳を殺ぎ目も閉じ他郷に春ななめ

孤絶して新芽に埋めし里心

 

春あらし人になつかぬ海のいろ

 

寒風や京嵐山の詩集売り

 

新兵は雪の匂いで訛りけり

 

鰯雲いきてかえらぬ羽をつけ

 

海添いに海の訛りや夏来たる

 

雪ふるや少しすき間のあるからだ

 

白椿ひとは其の死をさらしけり

 

古井戸や三井三池の草いきれ

 

のびる摘む水子に放屁させてから

 

ゆく秋の墨色うすき隷書体

 

万緑や十一枚目の診察券

 

肉親や月夜の蓋をうごかして

 

茄子の紺われ等の水子ありしこと

 

 梅雨ながしブルーカラーの昼の酒 

夕焼や親なき赤胴鈴之助

 

男にも旧姓やあり鰯雲

 

子を叱る我を見ている扇風機

 

暮遅し旅の子役の声がわり

 

ふゆざれよやまとことばよメルトダウン

 

石投げて落ちてこぬまま秋のそら

あかどうすずのすけ:http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/akadousuzunosuke.html

« 夏野菜弁当 | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うだるよなあつさのなかのまことの忌:

« 夏野菜弁当 | トップページ | »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29