無料ブログはココログ

« 送電線ある景 | トップページ | ふっこうちかくのしのはら神社 »

2015年7月28日 (火)

TPP会議がハワイではじまる

TPPと医療

 
明日から、環太平洋連携協定(TPP)の閣僚会合がハワイで開催されます。
締結の最終局面ですが協定の具体的な内容は明かされていません。
TPP交渉では公的医療保険制度の在り方は議論の対象になっていない、というのが政府見解ですが、保険制度への深刻な影響がある混合診療や医薬品の知的財産権の保護強化については、従前より非関税障壁としてわが国が攻撃されている事項ですので、議論されていないとは言い切れません。
新薬保護がTPP協定として締結されると、医薬品使用の総経費が高騰し、公的医療保険制度の財源が維持できなくなるおそれがあります。
過剰な輸入超過による保険財源の国外流出がさらに加速し、医療の発展が国家経済の衰退要因ともなってしまいます。
新薬保護と抱き合わせで混合診療を拡大すれば保険財源対策になりますが、そうなると医療への実質的な国民負担が際限なく大きくなってゆくことになるでしょう。
新たな負担ができない多くの国民へ提供される保険診療は縮小してゆき、結果として公的医療保険制度が守り続けてきたものが崩壊してしまうリスクがあります。
(保健医療経営大学前学長橋爪章ブログ転載)
もうひとつの話題もクリップ。
▽国立競技場建設に絡む問題とはなんなのか
ファクタの一年間の記事まとめ(有料記事が只でよめる!)

勝った! 「新国立競技場」全面見直し

阿部重夫・文

2015年07月17日

http://facta.co.jp/blog/archives/20150717001278.html

さいごのくだりをまるまるうつします。

しっかりせよ、新聞諸君、君らは1年遅れだぞ。

見直しに不満の森元首相が、安倍晋三首相に説得された際、一時は五輪組織委会長の辞意をちらつかせたという。さっさと辞めさせればいい。一夜明けたら、「あのデザインは生ガキみたいで、俺も嫌だった」などと手のひら返し。いい歳をして、いかに無責任男かを自ら暴露した。他人事のような顔をしている遠藤五輪相も一蓮托生である。

そしてハッタリ建築家、安藤忠雄もこれで化けの皮がはがされた。デザインだけで建築費を考えない建築家なんて三流に決まっている。なんという無責任。「サメの脳みそ」の元首相と同じく、銭ゲバを露呈した。森利権に縋れば無尽蔵と思っていたのだろう。あらゆるコンペから安藤忠雄建築事務所が締め出される日が待ち遠しい。渋谷駅をはじめ、彼の建築の不評はもう誰も抑えられないだろう。彼を天才ともてはやしてきたチョウチン建設メディアは総ザンゲすべき時である。そして、彼を批判せず、おこぼれにあずかろうとしてきたさもしい建築家たちも。

ザハ・ハディドに払う違約金は、安藤忠雄に請求書を回すべきである。払わないなら、国民が彼およびJSC、さらに有識者会議のメンバー賠償訴訟を起こして、彼らの息の根を止めるべきである。」

« 送電線ある景 | トップページ | ふっこうちかくのしのはら神社 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TPP会議がハワイではじまる:

« 送電線ある景 | トップページ | ふっこうちかくのしのはら神社 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31