無料ブログはココログ

« 伊福部昭の二十五絃箏曲《琵琶行》~白居易ノ興ニ傚フ | トップページ | 草刈り »

2015年7月19日 (日)

コズミック・フロント☆NEXT

最古の天文図

 

 

昨夜(16日、22時)、NHKBSプレミアムで放送されたコズミック・フロント☆NEXTは、「キトラ 最古の天文図のミステリー」でした。
(再放送は22日水曜日の23時45分です)
キトラ古墳は1983年に奈良県明日香村で発見された古墳で、聖徳太子や聖武天皇が活躍した飛鳥時代の終わり(西暦700年頃)に造られたものです。
石室の天井に、精緻な天文図(直径60センチの中に350の星々が金箔で描かれ、さらに内規、外規、天の赤道、黄道が描かれている)が残されており、世界最古の本格的な天文図だとのことです。
番組は、この天文図が西暦700年頃の奈良から見える星空ではないことから、いつ、どこで観測された星空なのかの仮説を紹介するものでした。
星の位置関係の分析により、西暦400年頃の観測だという仮説と、紀元前80年ごろの観測だという仮説のふたつが紹介されました。
また、観測された場所については、北緯34度付近と推測しています。
西暦400年頃の北緯34度付近で栄えていた都として、中国の洛陽や長安で観測された天文図が、修正を加えられて、キトラ古墳の石室に描かれたのではないか、とのことです。
キトラの天文図にはカノープス(緯度の高いところ、山に邪魔されるところでは見えない)がはっきりと描かれています。
私が関東平野に住んでいた頃には一度も見れなかった(理論的には福島県以南であれば観測可)星ですが、九州の北緯33度付近の筑後平野に戻ってからはかろうじて見ることができましたので、北緯34度付近という説は頷けます。
ところで、西暦400年頃に北緯34度付近で栄えていた都としては、九州王朝説(古田武彦)があります。
九州王朝は527年に大和朝廷に対抗して筑紫君磐井が起こした反乱(「磐井の乱」)が制圧された後に、その存在が史実から消されている、というものです。
キトラ古墳は磐井の乱より後に造成されていますので、九州王朝に根差した文化が奪われて飛鳥に流れて行った、ともいえるかもしれません。
筑紫君磐井の生前墓とされている岩戸山古墳を発掘すれば、何らかの手掛かりが得られるかもしれませんが、発掘調査の計画はないようです。    

  (保健医療経営大学前学長橋爪章ブログ転載)

▽久留米大学公開講座録から

―最近の考古学的発見と九州王朝―
正木 裕 (古田史学の会)
神功皇后に擬せられた玉垂命
―高良玉垂命の筑後三潴遷宮と七支刀の鍛造年が369年で一致―
泰(和)四年(三六九)銘の石上神社七支刀(左)とこうやの宮(磯上物部神社・みやま市瀬高町太神)の七支刀人形(右)

▽ひみこ伝説から

邪馬台国があったのは畿内か九州か、天文学の立場から論争に決着をつけられないかと、国立天文台の2人の学者が挑んでいる。
邪馬台国は3世紀ごろ、あったとされ、クニの始まりは1世紀ごろという説がある。
手がかりとして、国立天文台の谷川清隆特別客員研究員と相馬充助教が2年かけて調べたのは、その間の1~3世紀に日本付近であった皆既日食の通り道だ。
皆既日食が見られる皆既帯の場所は限られる。
邪馬台国で皆既日食が見えたのではないかという推論をもとにした。
推論の根拠は日本書紀だ。
天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩屋戸(いわやと)に隠れ、辺りが闇に包まれたという神話が描かれている。
記述が具体的であることから、この描写は皆既日食を指しているという解釈がある。
天照大神は卑弥呼だったのではないかとの説もあり、岩屋戸神話は邪馬台国など文明地で実際に見られた皆既日食に基づいているのではないか、と推論した。
1~3世紀には53年、158年、247年、248年の4回の皆既日食があったことが計算上わかっている。
問題となったのは、地球の自転だった。
月の引力などの影響を受け、地球が1回転する時間は少しずつ長くなっている。
このため、約2千年前に起きた日食の場所をシミュレーションするには、時刻の補正が必要だった。
2010/03/30[08:01:12]http://www.asahi.com/science/update/0328/TKY201003270428.html

▽ひもろぎ逍遥、この一枚の水害マップ

http://lunabura.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=20748438&i=201309/18/61/c0222861_2316388.jpg

« 伊福部昭の二十五絃箏曲《琵琶行》~白居易ノ興ニ傚フ | トップページ | 草刈り »

コメント

昨夜再放送をみた。

みながら、これをおもった。↓

やめとやべ。

だいたい、「筑紫国の上陽咩(かみつやめ)の郡(こほり)の」というとき、陽咩でなぜヤメというのだろう。ひめ、とよむほうが自然な気がするのに。そして、口篇の美は「み」だから、ひみ、が正解だとおもうよ。ほれほれ、ひみこにちかづいた!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コズミック・フロント☆NEXT:

« 伊福部昭の二十五絃箏曲《琵琶行》~白居易ノ興ニ傚フ | トップページ | 草刈り »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29