無料ブログはココログ

« 星野氏の九州脱出~おお、ここに大内氏がでた! | トップページ | たんぼ »

2015年6月29日 (月)

せいこさんの家で

せいこさんの家で

「もうし  もうし  たのもう!」

「あいや しばし またれよ」

というて、よぼよぼのひこまるがでてくる。

の図。うしろすがたはとうみょうじ。

せいこさんの家で

せいこさんの家で

くるまにはやまなみ短歌会のナカムラさん。

ぬかるむなか、運転手をつとめてくださる。
この日彼女がはじめて作った句が
今を時めく夏井伊月先生のライブ句会で
特選5句のなかに選ばれる。

ビル街に風吹き荒れるつゆぐもり   ナカムラ

(かささぎは下のお名前をしらない。
かさねがさねもうしわけない。)

夜中、ライブ句会についてのレポートをせっせとかく。
おかげで九州俳句誌用の原稿となった。
おなじものは二度と書けない。

六月は九州俳句大会という年に一度の会合があるのに、それには出もせず、
近場の城島でのこの句会には参加してしまったことになる。

しかたない。ぐうぜんだし、縁だから。
なにしろ、数日前にそうなったのだから。

こどもおそるべし。
いつき先生がこのナカムラ句が好きといった小学生男子に
「どこがすきですか?」と尋ねたら、
「かぜふきあれる、のところです」
と彼は答えた。

そのときは考えなかったが、あとで振り返ると、
なんということない叙景句ながら、風の勢いだけが
心にのこるリズムがあるのだ。
それが少年の言ったこの部分。

タタ・タタ・タタタ 

音楽みたいだ。
こどもの耳、おそるべし。

せいこさんの家で

せいこさんが、にんじんの木、と教えてくれた木。
たかいところに紫の花がさいている。桐みたいだ。

参照:

桐の花http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%A1%90%E3%81%AE%E8%8A%B1

にんじんぼくの花http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%AB%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%93%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AE%E8%8A%B1&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

« 星野氏の九州脱出~おお、ここに大内氏がでた! | トップページ | たんぼ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せいこさんの家で:

« 星野氏の九州脱出~おお、ここに大内氏がでた! | トップページ | たんぼ »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29