無料ブログはココログ

« 川べりと工場のあはひ | トップページ | 人口10万当りはいしゃさんの数 »

2015年6月 4日 (木)

人口10万対医療施設従事医師数

平成26年度厚生統計要覧(36)

Share on Facebook


「第2-48表 人口10万対医師数・歯科医師数・薬剤師数,従業地による都道府県-指定都市・特別区(再掲)別」によると、人口10万対医療施設従事医師数は226.5人で、都道府県別には多い順に次の通りです。
九州各県は全国平均を上回っています。
290人台 京都(297)、徳島、東京
280人台 高知、福岡(283)
270人台 鳥取、岡山、長崎(276)
260人台 和歌山、熊本(266)、石川、島根、香川
250人台 大阪、大分(257)、佐賀(250)
240人台 広島、愛媛、山口、鹿児島(241)
230人台 福井、沖縄、富山
220人台 宮崎(228)、兵庫、北海道
210人台 宮城、奈良、山梨、群馬、長野、山形
200人台 秋田、栃木、滋賀
190人台 愛知、三重、岐阜、神奈川
180人台 岩手、静岡、青森、新潟
170人台 福島、千葉
160人台 茨城
140人台 埼玉(148)

東北各県では相対的に医師数が少ないので医学部新設が宮城県仙台市に予定されていますが、宮城県の医師数は全国平均に近く、仙台市の医師数は全国平均を上回っています。
指定都市、特別区別では次の通りです。

390人台 京都市(396)、熊本市(394)
360人台 岡山市
350人台 福岡市(352)
340人台 東京都区部
310人台 大阪市、北九州市(317)、仙台市
300人台 札幌市
290人台 神戸市
280人台 広島市、名古屋市
250人台 新潟市、千葉市
240人台 浜松市
220人台 相模原市
210人台 堺市、静岡市
200人台 横浜市、川崎市
160人台 さいたま市

(保健医療経営大学 学長ブログ)

▽かささぎ日誌

ふつうに生きてるぶんには、医師数を多いとか少ないとかうんぬんすることはまず、ない。
患者はつねに受け身だし、そういう必要性もないからだ。
だから、こうして、比較された数字をみせられると、へえ、そうなのか。
とおもいます。
で、なぜ九州にはおおく、東北はすくないのか。
これは医学部の数とも連動するのでしたね。
以前、学長ブログでまなびました。

« 川べりと工場のあはひ | トップページ | 人口10万当りはいしゃさんの数 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人口10万対医療施設従事医師数:

« 川べりと工場のあはひ | トップページ | 人口10万当りはいしゃさんの数 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31