無料ブログはココログ

« 余白がだんだん小さくなる | トップページ | 行き逢うて »

2015年4月21日 (火)

平成26年度厚生統計要覧(3) 減りゆく世帯構成員

平成26年度厚生統計要覧(3)

Share on Facebook


「第1編第3章世帯」には次の図表が掲載されています。
第1-46表 世帯数・構成割合,世帯構造×年次別
第1-47表 世帯数・構成割合,世帯種×年次別
第1-48表 世帯数・構成割合,年次×世帯業態別
第1-49表 世帯数・構成割合,世帯人員×年次別;平均世帯人員, 年次別
第1-50表 世帯数・構成割合,世帯類型×年次別
第1-51表 世帯数,世帯構造×世帯業態別
第1-52表 世帯数,世帯構造×世帯主の年齢階級別
第1-53表 世帯数,世帯業態-世帯類型×都道府県-21大都市(再掲)別
第1-54表 世帯数,世帯構造×都道府県-21大都市(再掲)別
第1-55表 世帯人員数,配偶者の有無×性・年齢階級別
第1-56表 1世帯当たり・世帯人員1人当たり平均所得金額,年次×所得五分位階級別
第1-57表 1世帯当たり・世帯人員1人当たり平均所得金額,年次×世帯主の年齢階級別
第1-58表 1世帯当たり平均所得金額,年次×世帯構造・世帯類型・世帯業態別
第1-59表 1世帯当たり平均所得金額・構成割合,年次×所得の種類別
第1-60表 世帯数の累積度数分布・相対度数分布,年次×所得金額階級別
第1-61表 世帯数の累積度数分布・相対度数分布,各種世帯×所得金額階級別
第1-62表 世帯数の構成割合,各種世帯×貯蓄額階級別;1世帯当たり平均貯蓄額
第1-63表 世帯数の構成割合,生活意識×年次別
第1-64表 全世帯の月平均1世帯当たり家計収支状況(二人以上の世帯・農林漁家世帯を含む),年間収入五分位階級別
第1-65表 勤労者世帯の月平均1世帯当たり家計収支状況(二人以上の世帯・農林漁家世帯を含む),年間収入五分位階級別
第1-66表 世帯数の将来推計,家族類型別
第1-67表 一般世帯数・平均世帯人員の将来推計,都道府県別
第1-68表 1世帯当たり平均構成人員(日本人),年次×都道府県別
このうち「第1-68表 1世帯当たり平均構成人員(日本人),年次×都道府県別」によると、平成26年度の1世帯あたり平均構成人員は全国平均2.30人ですが、各都道府県では次の通りです。
2.9人 福井(2.86)
2.8人 山形
2.7人 富山、新潟、岐阜、佐賀
2.6人 滋賀、福島、長野、岩手
2.5人 栃木、鳥取、茨城、秋田、静岡、群馬、石川、島根、山梨、宮城、三重
2.4人 奈良、愛知、熊本、沖縄、岡山、徳島、香川、埼玉
2.3人 青森、千葉、和歌山、兵庫、大分、長崎、広島
2.2人 福岡、愛媛、宮崎、神奈川、京都、山口、大阪
2.1人 高知、鹿児島
2.0人 北海道(2.01)、東京(1.97)

平均構成人員は平成15年より全国平均で0.27人減っています。
減少数が多い順に、次の通りです。

0.39人 福島
0.38人 新潟、茨城
0.37人 山形、岐阜、滋賀、秋田、青森、富山
0.36人 岩手
0.35人 栃木、徳島、佐賀、沖縄
0.34人 石川、島根、鳥取、三重、奈良
0.33人 
福井、群馬、山梨、和歌山
0.32人 静岡
0.31人 長野、宮城、熊本、岡山
0.30人 埼玉、香川、長崎
0.29人 大分
0.28人 愛媛、宮崎
0.27人 愛知、千葉、兵庫
0.26人 京都、北海道、福岡、山口
0.25人 高知
0.24人
0.23人 大阪、鹿児島
0.22人 広島
0.21人
0.20人 神奈川
0.14人 東京

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▼かささぎ日誌(連句的)

つい、福井県をいろわけしてしまいました。

福井県、学力テストで常に一位なのはなぜか。
最下位のところから研究のため、福井県の学校に一年間派遣された先生がレポートをテレビで発表されていた。
鍵は、協働、というキーワードにいきつくという。

毎週先生方は集まって、生徒たちの解けなかったところ、どうしたらわかってくれるのか。
熱心に話し合っておられた。
生徒たちはそうじも手で雑巾がけ、黙々としていた。

こういうところと、世帯員が最も多いこととは、連関するのではないか。

« 余白がだんだん小さくなる | トップページ | 行き逢うて »

コメント

福井県のあの方式、沈黙清掃というらしいです。
掃除は、行だ。

詳しく書いて下さったブログ👇

まだ起きてる。
不眠ではありません。
わたしのここのコメント、グっタイミング。
小さなことが、大きな事。
ありがとう福井。

さんきんこうたいは行軍である

てドラマ、おもしろいですよ
そういえば。
あすも仕事だ、寝なさいね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年度厚生統計要覧(3) 減りゆく世帯構成員:

« 余白がだんだん小さくなる | トップページ | 行き逢うて »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31