無料ブログはココログ

« | トップページ | えめさんにいただいた本から »

2015年4月 9日 (木)

平成27年度介護報酬改定(49)(50) サービスの質の向上に向けて

平成27年度介護報酬改定(50)

Share on Facebook


過日開催された社会保障審議会介護給付費分科会において、今回改定を踏まえた今後の具体的な課題が次のように整理されています。
○介護サービスの質の向上に向けて、具体的な評価手法の確立を図る。
また、利用者の状態等を維持・改善する取組みを促すための評価のあり方について検討する。
○ケアプランやケアマネジメントに係る評価・検証の手法について、実態を適切に把握するとともに、必要な見直しを検討する。
○中重度や認知症の高齢者にふさわしいサービスを適時・適切に提供するため、引き続き、各種調査において研究等を進める。
○介護保険施設等における機能訓練及びリハビリテーションに係る実態を適切に把握するとともに、要介護者の生活機能の維持改善に資するよう、必要な見直しを検討する。
○地域密着型サービスについて、利用者の医療ニーズへの対応の強化等により、在宅生活を支援するためのサービスの充実が図られているか等の観点から、必要な見直しを検討する。
○中山間地域等における各種加算等の評価のあり方について検討するため、中山間地域等以外の実態の把握とともに、自治体独自の取組み等を通じた介護報酬以外の支援のあり方についても検討する。
○地域包括ケアシステムの構築に向けたより効果的・効率的なサービス提供のあり方について検討する。
○介護事業所、介護保険施設等の利用者への医療提供のあり方について、診療報酬との同時改定を念頭に、医療保険との関係にも留意しながら、適切に実態把握を行うとともに、必要な見直しを検討する。
○介護事業経営実態調査については、調査設計や集計方法などを検討する。
○介護職員の処遇改善の状況について適切に把握する。

平成27年度介護報酬改定(49)

Share on Facebook


平成27年度介護報酬改定に関する審議報告」には今後の課題が次のように示されています。
○次回の介護報酬改定においては、介護保険制度の持続可能性という視点とともに、質の高い介護サービスの安定的な供給とそれを支える介護人材の確保、医療と介護の連携・機能分担、更なる効果的・効率的なサービス提供を推進するための報酬体系の見直し、報酬体系の簡素化など、介護サービスのあるべき方向性も踏まえた検討を行うとともに、診療報酬との同時改定も見据えた対応が必要であり、例えば以下のような課題が考えられる。
●通所リハビリテーションや通所介護、認知症対応型通所介護などの居宅サービスについては、それらの共通の機能とともに、それぞれのサービスに特徴的な機能(例えばリハビリテーション、機能訓練、認知症ケアなど)の明確化等により、一体的・総合的な機能分類や評価体系となるよう引き続き検討する。
また、その際には、現行の事業所単位でのサービス提供に加えて、例えば地域単位でのサービス提供の視点も含め、事業所間の連携の進め方やサービスの一体的・総合的な提供の在り方についても検討する。
●介護保険制度におけるサービスの質については、統一的な視点で、定期的に、利用者の状態把握を行い、状態の維持・改善を図れたかどうか評価することが必要である。このため、介護支援専門員による利用者のアセスメント様式の統一に向けた検討を進めるとともに、ケアマネジメントに基づき、各サービス提供主体で把握すべきアセスメント項目、その評価手法及び評価のためのデータ収集の方策等の確立に向けた取組を行う。
●今後の診療報酬との同時改定を念頭に、特に医療保険との連携が必要な事項については、サービスの適切な実態把握を行い、効果的・効率的なサービス提供の在り方を検討する。
●介護事業経営実態調査については、これまでの審議における意見(例えば調査対象期間など)も踏まえ、次期介護報酬改定に向けてより有効に活用される、引き続き調査設計や集計方法を検討する。

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▽かささぎ日誌

○介護職員の処遇改善の状況について適切に把握する。

こないだ、たまたま目にしたテレビ番組では、介護職員でも年収500万以上が可能だという事業所をレポートしていました。
そこでは各自の介護スキルをかなり細かく評価、認定していき、介護職人としての腕の客観的見定めとでもいうものが確立しているし、また、利用者のどんな要望にも応えるのです。
それは介護サービスの範囲外だからできない、とは決していわず、どんなことも、きちんとむきあう。ただし、有料です。
さまざまな事案のカードを作成して、これは介護サービスで可能、これは自費、と前もって認識してもらえるような工夫がされていました。
それによって、事業所の利益も増えるし、利用者も喜んでもらえるそうだ。

« | トップページ | えめさんにいただいた本から »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« | トップページ | えめさんにいただいた本から »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31