無料ブログはココログ

« 牡丹咲く頃のがんざんの新緑 | トップページ | 土曜日残業、リコピンin! »

2015年4月18日 (土)

信頼の計算式ー小さなものに神はやどる

信頼の計算式

  • Share on Facebook

    Share on GREE

    小冊子『職場の教養』(倫理研究所発行)からの内容紹介第21弾は、「信頼
    の計算式」というタイトルです(2015年4月号(4月15日欄)の記事か
    らです)。

    (1)「信頼の計算式」(全文)
     算数の計算式では、十ー(ひく)一=九ですが、信頼において同様の引き算
    を当てはめると、十ー(ひく)一がゼロになったり、時にはマイナスにもなっ
    てしまいます。
     お客様に対するたった一度の失礼な態度や嘘偽りが、それまで築いた信頼関
    係を台無しにしてしまうことがあるのです。
     逆に、信頼における足し算も、計算式は当てはまらないでしょう。マイナス
    十(じゅう)に一(いち)を足した時、それが一気にプラスに転じることがあ
    ります。
     例えば、失敗やミスの後の丁寧な謝罪と応対が、顧客に感動を与え、それま
    でより、強い信頼関係を築くこともよくある話です。
     信頼のもとは、サービスの内容もさることながら、最終的には、それに携わ
    る人の誠意でしょう。それは数値には表れません。
     信頼は、誠意の積み重ねによって築かれ、油断や妥協により崩されます。業
    務を全うする責任感と、真心を込めたサービスが信頼をさらに強固にするでし
    ょう。
     一人ひとりが業務に全力で励む姿勢こそ、企業の信頼を築く鍵です。
    今日の心がけ:小さなことにも全力で取り組みましょう
     
    unnamed.jpg麦と学寮遠景
    (麦畑と学寮遠景です。白木秀典先生から届きました、感謝です。)

    (2) 本文記事に関連して思うこと
    文中にある「信頼のもとは、(略)最終的には、それに携わる人の誠意でしょ
    う。(略)」を読んで、左手のピアニスト舘野泉さんがある鼎談で話された次
    の言葉を思い出しました(本文の記者の意図からは少しずれますが・・・)。

    舘野 たしかに、北欧の福祉というのは非常に充実していて、戦後理想的なシ
    ステムをつくったのでしょうが、やはり長く経っていくと風化していく面もあ
    るし、制度は立派でも、結局はやはり、制度を支える人間ですね。患者に興味
    のない医者だったらぜんぜんだめですよね。門前払いというような感じになっ
    てしまう。ぼくの最初のお医者さんのように、「とにかく治るんだから、自分
    を信じてやりなさい」といわれると、本当に力になる。
                            (岩波ブックレット№729(2008年6月)p.11-12)

    舘野泉さんが脳溢血で倒れ、複数の病院でリハビリ治療に励んでおられた時の、
    担当主治医の対応の違いをこのように感じられたのです。
    「誠意」は私たちがこの世に生を享け続ける間、ずっと持ち続けなければなら
    ない大切な姿勢なのだと改めて思いました。         (投稿者:松永伸夫)

    ▼かささぎ日誌

    これをよんで、わたしは唐突に、星野村のまだいったことはなけれど、浄圓寺にいってみたいなあ!とおもった。

    だいえんじ(大圓寺)には、星野しらべ氏に伴って、仲間とたずねることができた。
    けれども、浄土真宗のじょうえんじには、まだいけていない。

    此のお寺のご住職は樋口不可思師という。
    ネットでよんだのだった。館野さんがみえたらしいのです。
    樋口先生は声楽家でお声がとてもきれいです。
    こないだ、えめさんも樋口師のおはなしをきいた、とのこと。
    あちこちで法話をなさっているようです。

    そういえば。こないだのだいえんじのご住職のお話では、
    南北朝の戦い後、星野氏が亡びて、各地へちり、そのあとをうけておさめたのが、樋口氏だったと。

    « 牡丹咲く頃のがんざんの新緑 | トップページ | 土曜日残業、リコピンin! »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/59681602

    この記事へのトラックバック一覧です: 信頼の計算式ー小さなものに神はやどる:

    « 牡丹咲く頃のがんざんの新緑 | トップページ | 土曜日残業、リコピンin! »

    最近のトラックバック

    2017年4月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30