無料ブログはココログ

« 調うたまるさんからの返信 | トップページ | 暮れなずむ »

2015年3月24日 (火)

死亡の動向(3)乳児死亡率

死亡の動向(3)

Share on Facebook


平成25年の乳児死亡数は2185人、乳児死亡率(出生千対)は2.1です。
終戦後の昭和22年の乳児死亡数は20万5360人、乳児死亡率は76.7でした。
私が生まれた昭和29年の乳児死亡数は7万8944人、乳児死亡率は44.6でした。
私が厚生省母子衛生課に着任して母子保健施策に取り組むことになった昭和56年の乳児死亡数は1万891人、乳児死亡率は7.1でした。
この頃、日本の乳児死亡率は世界一の低率となっています。

WHO加盟国194か国のうち、乳児死亡率が76.7より高い国は次の9か国のみです。

シエラレオネ   117
アンゴラ     100
コンゴ民主共和国 100
中央アフリカ共和国 91
ソマリア      91
チャド       89
ギニアビサウ    80
マリ        80
ナイジェリア    78

これらの国以外は、終戦後まもなくの日本の状態より赤ちゃんが亡くなりにくい環境にあるということになります。
乳児死亡率が44.6より高い国は、次の36か国が加わります。
70以上  コートジボアール、レソト、赤道ギニア、アフガニスタン
60~69 パキスタン、ブルンジ、南スーダン、ブルキナファソ、ジブチ、ギニア、モーリタニア、モザンビーク、ニジェール、コンゴ、トーゴ、カメルーン
50~59 ベナン、コモロ、ハイチ、リベリア、スワジランド、ザンビア、ジンバブエ、ラオス
45~49 ガンビア、ガーナ、ケニア、スーダン、タジキスタン、パプアニューギニア、東ティモール、エチオピア、キリバス、マラウイ、イエメン、セネガル、トルクメニスタン、ウガンダ
これらの国以外、すなわち世界の国の約4分の3は、私が生まれた当時の日本より母子の保健医療は改善しているということになります。
私が生まれた年、日本は国際協力(途上国援助)を始めています。
世界の国々の約4分の3は国際協力を行えるポテンシャルを獲得しているということもできます。
次の約50か国は、乳児死亡率が7.1より低率です。

 ボスニア・ヘルツェゴビナ、マルタ、モンテネグロ、カタール、セルビア、スロバキア、アメリカ、ウルグアイ
5 カナダ、ハンガリー、ニュージーランド
 オーストラリア、ベラルーシ、クロアチア、キューバ、ギリシャ、リトアニア、ポーランド、スペイン、スイス、イギリス
 アンドラ、オーストリア、ベルギー、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フランス、ドイツ、アイルランド、イスラエル、イタリア、モナコ、オランダ、ポルトガル、韓国、サンマリノ、スロベニア
 フィンランド、アイスランド、日本、ルクセンブルク、ノルウェー、シンガポール、スウェーデン
世界の国々の約4分の1は、私が母子保健施策に取り組んでいた当時の日本よりもよい母子保健環境にあるということになります。

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▽かささぎ日誌

いつものように、まったく関係ないことをかきます。すみません。

正月にブックオフにて108円で求めた「地球超転換」(広瀬謙次郎著)。
著者は1918年うまれの予言者。
初代日本商工会議所会頭・藤田謙一の庶子で、本書にはこのようにつづっておられる。

「私は他の十余名の兄弟姉妹とは異なり、家庭的には非常に苦労して育ってきた。それは私が、外の兄弟とは、異母兄弟の間柄だったからだ。しかし、いわゆる腹違いの子の私を、父は小さいころから異常と言えるほどかわいがってくれた。いろいろ面倒をみてもらったのだが、とりわけ教育面では、フレンド女学園付属幼稚園時代は昭和天皇の英語教師ミス・ローズに教えを受け、慶應義塾大学幼稚舎(小学校)に学び、同時に小学校時代にアメリカンスクールのキルビー学院にも学ぶなど、最高の境遇を与えられた。そして、慶應大学の経済学部に進学の際、私を本邸に引きとってしまったのである。表面は藤田育英社の学生寮生ということだったが、実際の待遇は全然異なったものだった。」

なぜこんなはなしを転記したかといえば。
朝一で八女の杉山洋先生のブログにおじゃましたら、風に立つライオン鑑賞記があり、どうじに、山口淑子こと李香蘭の記事も目に入った。

藤田謙一は日活の創立者の一人であり、李香蘭を応援していたそう。
つながっているなあと思い、ここに紹介した次第。
ネットでさがしても、この予言者のきちんとした紹介が見当たらない。
(なんとなく、月9ドラマのデートで、父親の悪口をいわれて引きこもりになったニートみたいに、ことばにならない道義心がふつふつわいて、つい。)

« 調うたまるさんからの返信 | トップページ | 暮れなずむ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死亡の動向(3)乳児死亡率:

« 調うたまるさんからの返信 | トップページ | 暮れなずむ »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31