無料ブログはココログ

« 道の駅おおきのおおきなきのこ | トップページ | 浜寺における「やははだ」の考察 »

2015年3月 3日 (火)

ラッスンゴレライとイメージの法則~行政の本気度と言葉と

イメージの法則

Share on Facebook


「イメージできなければマネージできない」という法則があります。
法則というより経験則のようなものですが、たとえば医師は、患者の予後をイメージして診断・治療に臨み、看護師は患者の心をイメージして療養上の世話を行い、患者は病状が改善することをイメージして病気と闘っています。
一通りの検査をして異常値が出たら機械的に診断を下し、診断結果に対する教科書的な治療法を患者へ施し、患者はその治療方針に従う、というイメージなしの医療をマネージすることも可能です。
患者の退院後の状況をイメージしたばっかりに在院日数が長引いてしまう、というマネージ上の問題を抱え込んでしまうこともあります。
医療の効率化の追求は、医療から「イメージ」を締め出すことかもしれません。
しかし「イメージ」は古来より医療の本質であることを忘れてはなりません。
イメージのないマネージは、必ず、そのことによる歪みが生じ、それがかえって、社会全体の非効率を生むことになります。
アインシュタインの数々の科学的発見は、膨大な知識から導かれたものではありますが、イマジネーションの産物であるともいえ、彼自身、「イメージは知識より重要だ(Imagination is more important than knowledge. )」という名言を残しています。
知識を応用する方向性はイメージによって導かれるのです。
スポーツの世界でも、成功をイメージして行うイメージ・トレーニングが有効だとされています。
日常の訓練はイメージによって成功へ導かれます。
昨日コメントした、「地域包括ケア」という言葉は内容がイメージできにくい、という事実は、政策マネージ上の大きな問題点です。
かつて私がJICAで国際協力に携わっていた当時(十数年前)、途上国が抱える問題を解決するための協力計画をたくさん見聞する機会がありましたが、「comprehensive(包括的)」という言葉が乱用されていました。
込み入った複雑な問題の壁が立ちはだかると、それを解消できる魔法の呪文さながらに「comprehensive」アプローチが提唱されていたものです。
国際協力分野における流行り言葉だったのですが、協力計画にcomprehensiveという用語が使われているものを見るたびに、協力プロジェクト失敗の予感を覚えていたことを想い出します。
「イメージできなければマネージできない」という文句は、当時、私が関与するプロジェクトについて口酸っぱく部下へ忠告していたもので、流行に抗し、できる限りcomprehensiveという用語を使わないようにしていました。

ラッスンゴレライ

Share on Facebook


一昨日(2月28日)、九州医療・病院管理研究会が開催されました。
「医療機関から見た地域包括ケアシステムの展望」がテーマで、厚生労働省の医療機能情報分析専門官による基調講演「地域包括ケアの観点から医療機関に求められること」とシンポジウム「医療機関に求められる地域包括ケアとは?」の二部構成でした。
私もシンポジストの一人でしたので、この春の介護報酬改定を題材に地域包括ケアの構築に向けての行政の本気度を述べたのですが、この日だけで何百回も「地域包括ケア」という単語が使われました。
厚生労働省も、昨今、「地域包括ケアシステムの構築が重要です。」「地域包括ケアシステム以外にない。」「地域包括ケアシステムは必ず作らなければならない。」と、地域包括ケアを連呼しています。
流行語大賞に行政用語部門があれば、筆頭候補でしょう。
『地域包括ケアという用語をラッスンゴレライと置き換えてみたらわかりやすいかもしれません』と、この用語の掴みどころのなさを、おそるおそる例えてみたところ、少し受けました。
このジョークが受ける限りは、国が目指す地域包括ケアの構築など覚束ないでしょう。
もっと実態のあるものを関係者がしっかりとイメージできるものでなければ、共通目標、共通概念として定着させることはできません。
私は、地域包括ケアの神髄は「地域ケア会議」だと考え、シンポジストとしてもそれを強調しました。
「ケア」は個別的なもので、地域ごとに、ケースごとに、最善の対処方法は異なります。
ケースごとに、関係する人たち、関係すべき人たちが集まって、そのケースに最善の対処方法を話し合う、その経験の共有と蓄積が、地域におけるケア水準の質を決定づけます。
個別事例への対処を真剣に協議する実質的な「地域ケア会議」が頻繁に開催されている地域、それが地域包括ケアシステムが構築された地域の姿です。
ケースカンファレンス(症例検討会)が頻繁に開催されている病院では、自律的に提供される医療の質が上がっていくのと同じことです。
ケースカンファレンスが全く開催されない病院や、カンファレンスに参加しない医療従事者は、10年たっても質の向上を見ることはできません。
地域の有力者だけを集めて行政資料の説明に終始するような運営でお茶を濁している地域ケア会議を「定期」開催しているような市町村は、地域包括ケアがまったく理解できていないと言わざるを得ません。

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▽かささぎ日誌

あかん。ばさらか仕事がいそがしゅうて、先週、ついにいってもうた。
まだ土曜日だったのに、なぜか日曜と勘違いして、休みモードでトイレ掃除やふろ掃除をゆったりやって、ああ、いいてんきじゃ・・・と至福感に浸っていると、工場から電話が。
・・・きょうはなぜでてこないのですか。
えっ。日曜でしょう。
・・・・出勤日の土曜ですが。
しまった。かってに一日ワープしていた!

あわててすっとんでいった。
でもあわてても、これだけはと、弁当だけはつめたから、まんざらぼけてもいないと自分ではおもう。

きのう、アクセス、なかじいさんのところがよまれていた。

なんと、うちの長男も仕事をしながらきいているらしい。
長男の口から、「こんなところまでおちちがたれているとは」というそのモーニングジャムのおもしろかったおはなしをきくとは、びっくりです。

月9ドラマ、みにつまされつつ、きちんとみていますです。
すごいなあ。あれ。

« 道の駅おおきのおおきなきのこ | トップページ | 浜寺における「やははだ」の考察 »

コメント

月9ドラマ最高ですね。
昔のドラマってあのくらい面白いのがたくさんありましたが、近年最高の面白ドラマです。
笑いっぱなしで見ています。
主人公はもちろんですが、わたしゃ娘の言動にいちいち仰天するお父さんが可笑しくてたまりません。

なんで身につまされるの?
あれに近いわけ?うそだぁ!

月9ドラマは見てないけどね、ラッスンゴリレイはよーく知ってるよ。
ちょと待てちょと待てお兄さんの突っ込みが大受けみたいですね。
それにしても、学長はどのは、流行りモノへのアンテナが高くてらっしゃる。お見事と言うしかありませんね。

さくらさんもすげーぶっとかアンテナのたっとんさる。

学長はそこしれんとこのあらす。⬅あらす、方言口語の敬語ばい、一応。もっと重い敬語はあらっしゃる。なんか天ちゃんにつける、あらしゃいますににとるね。

あんちゃんははまり役、相方さんもだいぶくたびれてこらしゃったごたけど、はまり役。どっちの親もいいなあ。
親や周りが思うような育ち方はしてくれん、てことよ。
で、したにはちゃんとそれなりの理由があるんだろう。

亡くなってるおっかさんがちょくちょく出てく、それがいいなあ。

ああ、わかった。
恋愛不適合な二人の恋物語っちゅうやつね。
何度か見た。
杏ちゃんは、あまり好みではない女優さんでしたが、どんな役も上手いなと、最近見直した女優さんです。

杏ちゃん好きです。
うたまるさん、八女に宿を取られるならAZホテルがお薦めです。素泊まりで3900円位。たしか朝食は無料。
夜 に皆さんで食事しませんか?居酒屋どうですか?ジョイフルも近いです。
私もお会いしたいです。

私も29日(日)は遠出でいないけど28日(土)夜ならOKです。八女の人たちはあったかいんだからうたまるさんにはゆったりとらっすんごれらいしていただきたいものです。

へい。どちらさんもおはようさんどす。
ではこうしませんか。
うたまるさんは安須ほてるにとまる。あたしゃ、あずほてるってな、らぶほかとおもってました。えろうすんまへん。かんにんえ。ちゃんとしらべました。
えめさんがかかれているとおり、超安値《朝食付きで4000円以下!!)しかも、三号線福島バス停ちかく。ってかあそこは大島か。杉山絵の教室のちかくです。にたす(笑)
それがっ、きのうのひる、らんさんとこでごはんたべて話してたら、グリーンピア八女は三月からリニューアルになった(せいこさんせっど)、とはいえ、ここも、星野の元・池の山荘、現・きららも、空室がないのであります。
そんななか、あずほてる、こないだの同窓会のとき、とおくからのともだちがとまったって。とらんちゃん。そのひとは星野の人だったなあとふとおもって。
であるから、みちびきだされるみちは、安須ホテル。
ここにとまりなされ。
われわれは近くのジョイフルにあつまろうではありませんか。八女学院のちゅうぼうなみですが。
まあほかにあんがあったら、おしえてちょ。

ちなみにうたまるさんは星野で竜笛を奏でるという目的がおありになる。
わたしは大円寺がいいのでは。とおもいました。
じつは水月さんからもらった国武先生の調べられた記録を、まだよんでいません。そのままにしてある。
でも、たくさんのひとたちが過去にその歴史のことでうごいておられるというのだけは、わかりました。
だいえんじ、せいこさんしかしらないだろう。
たしか月をみるお茶会かなんかあって、それに参加されていたように記憶する。
らんちゃんもわたしもまだ一度もいったことはない。
うたまるさんを行空の墓につれていって、それからつぎはうたまるさんにだいえんじに連れて行ってもらいましょうか。
東京のさくらさんぶろぐのだいえんじととおくひびいているかんじがしてきた。かんけいないけど、さくらさんが表記を大園寺とされていますが、どうも大円寺(円は正字)みたいですし。
正字の圓、くにがまえのなかに員。
(ひぐちふかしし、うたのじょうずな浄土真宗のおぼうさんのお寺は、星野の浄圓寺だったっけ。大圓寺は曹洞宗とあります)

ほしの、だいえんじの紹介記事↓

AZホテル、すみません、一人だともう少し高いかもしれません。ネット予約だと割引があるみたいです。
28日夜はうたまるさんご都合どうでしょうか?
せっかくの八女の地なので地酒のあるおいしい魚料理の居酒屋さんで集合はどうでしょうか?(福島高校の近所)

大円寺の歴史資料館で星野氏の家系図を拝見したことがあります。30年ほど昔ですが・・
竜笛の響き、素敵でしょうね。
室山熊野神社も場所におすすめですがどこで奏でられるのでしょう☆

えめさん
いつも情報ありがと、
今ホテルの評判みてみたら、買い物や食事する所が近所で、よかったとありました。受験についてくる親御さんや登山客の声です。
以前、前田師が宿泊された土橋のホテルアベニュー、ちかくに何もなく、夜が寂しかったとおっしゃってましたから、その点はクリアされてると思います。
私は連句できたらどこでもいいんだが、
日曜日、ごく短い形式のを巻きませんか?
来れない人は出していってね
使えたら使います
考えると、月末にはさくらさいてるんだ

場所ないなら古賀邸ありますとのこと
無料だ

こんにちはうたまるです。ご無沙汰しております。
このブログも久しぶりです。。

皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

えめさん貴重な情報ありがとうございます!。
AZ予約します。地酒&魚料理も楽しみです!

龍笛の件は特に目的とかそんな大げさなものではなく、単にふらっとどこかで気軽に吹ければいいかな。。と思っただけですので。。(汗


うわ、もうじかんだ。

>せっかくの八女の地なので地酒のあるおいしい魚料理の居酒屋さんで集合はどうでしょうか?(福島高校の近所)

そうそう、せっかくの地酒です、えめさんよろしくおねがいいたします。ごれんらくおまちします。

ではきょうもげんきにしごとにはげみます。

おつかれさまです。
了解しました^^

今日は残業扱いなんで、セイブのお弁当つきでした。
ありがとう。

お世話いつもエメさんありがとうございます。

安須ホテル漢字変換かけたら、こう出た、すべからく、安し、
すべからく、とはと気になり調べた
あたしは全部と思ったけど、違うようです。
文化庁のサイトに詳しく出ていました。ははーっ

須く安し>なるほど☆
AZホテルは必ずジョイフルの近くに建つらしいです。
AZホテルの元祖は亀の井ホテルの油屋熊八さん。
昔、由布院の亀の井別荘に泊まった事があります。母が元気な頃でよい思い出です。

杉並区和泉町大園寺、えっ!こんな寺だったの!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%86%86%E5%AF%BA_(%E6%9D%89%E4%B8%A6%E5%8C%BA)

明日行くからまた見てくる。

.>AZホテルの元祖は亀の井ホテルの油屋熊八さん。

そうだったんですか。
りっぱなホテルなんですね。
ねだんでは価値はきめられない。

さくらさん、またレポートおねがいします。
あたしは、しらべ城哀話のなかで、もとは根占城のあるじだった、というのがきになって。ねじめ?それ、どこよ。
しらべると、これが真っ先に出ます。↓

日曜日は伝統工芸館や喜多屋あたりに人出が多かったそうですね
そういえば、お正月にすでに聞いてたんだ、ナイナイのお見合い番組が八女であるって
その撮影があったのかな
また、いろんなお酒を100円で飲めたらしいです
おチョコにですが

エメさんは行かれましたか

工芸館ではお迎え式があったようで、白百合幼稚園とか園児さんがおひなさまの衣装でお迎えだったとか。でもあの風と低気温の中1時間位待って寒かったようです。
お見合いは黒木のグリンピア貸切で収録があった模様です。
花嫁候補、今までのうちで参加者が一番多かったそうです。
娘の同級生も出るかも・・
蔵開きは横を通りましたが賑わっていましたよ。娘家族は賑わいの中、孫は酔ったおじさんの粕汁がこぼれてかかったとか大賑の中アクシデントもあった模様です。
私は近くの友人宅でカフェのお手伝いをしていました。
ちなみにもう一つの蔵元繁枡さんの蔵開きは4月29日です。
いつもは3月ですが、今年から夜中の勤務を無くして勤務体系を替えられた模様。時代の流れなのでしょうね。
今日は田中さんのお葬式に行ってきました。たからさんも行ってらしたようでしたが気づきませんでした。

28日の件、みなさんと連絡中です。
ひめさん、お休みは取れましたか?

エメさん28日のうたまるさん御久し振りです会のセッテングお世話おかけ致します。うたまるさんに連句巻く時間あれば古賀宅でどうぞ(*^。^*)

エメさん詳しくありがとう。
人が話してるのを小耳した。
やぐらの次男さんが出らっしゃるとか。
年少におくとか。ありやりや字が。
放映楽しみにしています。四月?

葬儀、息子に列席するよう頼んでいたが。
父のとき、お世話になりました。まだ若い死でしたね。

休み、絶対とります。
今日は今から帰ります。
らんさん、星野からにいしろまで、移動時間が惜しいんじゃない。お寺で巻かせてくれないかなあ。なんてね。

エメさん詳しくありがとう。
人が話してるのを小耳した。
やぐらの次男さんが出らっしゃるとか。
年少におくとか。ありやりや字が。
放映楽しみにしています。四月?

葬儀、息子に列席するよう頼んでいたが。
父のとき、お世話になりました。まだ若い死でしたね。

休み、絶対とります。
今日は今から帰ります。
らんさん、星野からにいしろまで、移動時間が惜しいんじゃない。お寺で巻かせてくれないかなあ。なんてね。

おつかれさまです。
食事場所予約しました。
28日(土)夕方6時半。 料理は3,000円。
参加はうたまる氏、乙氏、seikoさん、たからさん、らんちゃん、音彦氏、ひめのさん、えめの8名です。
まねきやさんも考えましたが個室のあるこちらがいいかなと思い、「紗都使」さんです。
うたまる氏はホテルまで迎えに行きましょう。

えめさん
今回もお世話になりまする。
ろいりさんやすーみー先生もさぞや呑みたいことじゃろうが、またお誘いいたしまさ。ふぉっふぉっふぉっへーくしょいばあろうめが。

さとし、とはさとしというマスターが経営されてるのですか。福島高校の近く。しらべてみます。
私は飲まないので、みなさんをキズだらけのフィットで送迎してもいいですよ。ではまた連絡します。

よろしくおねがいします。
ろいり氏はこのころは東京らしいです。残念だけど次回にはと。
Dr.sumiはお仕事の説明会に行かれるそうです。
マスターの名前は分かりませんがプロゴルファー・馬場ゆかりさんのお兄さんかなと思います。

おお。そりゃあすごいっす。
しらべたら、住所が二つ、ひとつは吉田でもひとつは広川町川上、どげんなっとーと。
地図みたら、メチャメチャおおざっぱ。
乗場古墳と福島高校とやめ古墳群のだいたい真ん中だねー

ロイリーさんは、東京ですか。
まだ奥さんがあちらにいらっしゃるのでしたっけ。
おもいきりプライベートなことを、さりげなく。

おはようございます。
私も吉田かと思ってましたら、地番は広川町。
seikoさんちの納骨堂の近くらしいです。
確かにややうら寂しい場所にあります。周りは竹林だし・・
時間がゆるせば移動して福島城址で夜桜鑑賞もいいですね。たぶんライトアップされてると思います。
ろいり氏は春休みを利用して帰京なさるそうです。
次回はごいっしょしましょう。

詳しくありがとうございました。
行けばわかるか。
霊的な場所なんですね。
磐井ロードの古墳ベルト上みたいだから。

昨日、有給とりました。
なんで、と、理由きかれたから、親戚が遠方から来るからと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラッスンゴレライとイメージの法則~行政の本気度と言葉と:

« 道の駅おおきのおおきなきのこ | トップページ | 浜寺における「やははだ」の考察 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31