無料ブログはココログ

« 平成27年度介護報酬改定(46)介護療養型医療施設に新設の評価項目 | トップページ | まだ車が沢山、残業お疲れさまです »

2015年2月17日 (火)

What’s 時間学 ? (その47) 続・「天文年間」

What’s 時間学 ? (その47) 続・「天文年間」

 

 文・松永伸夫

みやま・八女の古代ミステリースポット(堤古墳群、こうやの宮、岩戸山
古墳)」

 保健医療経営大学の時間学研究会は、2013年1月の発足から、地道に
毎月の勉強会を重ねてきていますが、今年で3年目に入りました。
昨年6月には「日本時間学会」の学会・総会の開催会場校としての重責を無
事に終えることが出来ました。そして今回、本学が立地する高柳地区にでか
けていき、地域の皆さんと一緒の学習会実施となりました。

(1)
七支刀テーマに講演 / みやま市南校区まちづくり学習会」

「みやま市南校区のまちづくり学習会がこのほど、同市の瀬高農村環境改
善センターで開かれた。同市瀬高町高柳の保健医療経営大学の橋爪章学長
が「七支刀の謎」をテーマに話し、約二十人が古代ロマンに思いをはせた。
                                              【写真】*
 学習会は同校区まちづくり協議会(紫牟田一彦会長)が各地のまちづく
りなどを学ぼうと、同大学の内田和実教授の協力を受け月一回開催。これ
まで湯布院や別府、黒川のほか、海外の都市などの取り組みを学んできた。
同市瀬高町太神の「こうやの宮」(磯上物部神)には七支刀を持った人形
が祭られており、二月十五日まで九州国立博物館で国宝の七支刀が展示さ
れていることもあり、今回は七支刀をテーマにした講演があった。
 橋爪学長はさまざまな資料を基に、みやま市とその周辺にある古墳など
の古代スポットや百済の武寧王と筑紫国造磐井との関係性、七支刀が筑後
地方にあった可能性などを話し参加者が熱心に耳を傾けた。(奥井 聡志)」

  * 扇形に設営された会場で講演する講師の姿を受講者の背後から撮影
している。
  (2月2日付「有明新報」記事より全文を掲載)

 この「みやま市南校区まちづくり学習会」は、1月29日(木)の夕刻
に開催され、講演者を含め本学時間学研究会の会員4名も参加しました。

(2)学習会の概要

 発表者は、最初に(資料)「みやま・八女の古代ミステリースポット(堤
古墳群、こうやの宮、岩戸山古墳)」によって、堤古墳群(みやま市瀬高町)
と八女日向神社(堤古墳群から真東の方向に位置する)との地理的関係につ
いて、歴史資料からまた自身が地図上に計測して判明した事実などを興味深
く説明した。
 具体的には、①堤古墳群と八女日向神社を地図上に一直線に結ぶとこれを
三等分する地点に、飛形山と姫御前岳(黒木平)とが位置していること、
②また、この飛形山と姫御前岳を結ぶ線を底辺として地図上に正三角形を画
くとその頂点地点に童男山古墳(八女市山内地区)があること。③さらに、
堤古墳群の真東には天満神社(主神は堤大国玉神)があり、この堤大国玉神
は「天慶神名帳」に記載の古代の神名であることなどを説明した。
 続いて、(資料)【岩戸山古墳「今伊勢宮」奉納の百首和歌の謎】により、
「豊饒美濃守源鑑述奉納百首和歌『夏日侍』今伊勢寶前同詠百首和哥」(
「八女戦国百首和歌」)の内容を読み解くことによって、「天文年間」から
遡って千年前の社会のこと、歴史上の出来事などが推測できるかもしれない
と説明した。
 最後に、(資料)【七支刀の謎と荒木田守武】によって、天文年間の歴史
上の出来事と荒木田守武が詠んだ和歌の内容から、「こうやの宮」(磯上物
部神)に奉納されている、「七支刀」を持つ武士の人形について謎解きのヒ
ントが見つかるかもしれないと説明した。


なお、飛形山は古くから山岳信仰の場として親しまれており、また姫御前岳
(黒木平)には、卑弥呼の陵墓があったという説もあります。

(投稿者&文責:松永伸夫)

▽かささぎのひとりごと

今朝の新聞の一面の下段広告に、
邪馬台国は99・9%福岡にあった

http://www.amazon.co.jp/%E9%82%AA%E9%A6%AC%E5%8F%B0%E5%9B%BD%E3%81%AF99-9-%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F-%E3%83%99%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%81%AE%E6%96%B0%E7%B5%B1%E8%A8%88%E5%AD%A6%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%A2%BA%E7%8E%87%E8%A8%88%E7%AE%97%E3%81%AE%E8%A1%9D%E6%92%83-%E5%AE%89%E6%9C%AC%E7%BE%8E%E5%85%B8%E3%81%AE%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E5%AD%A6%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%AE%89%E6%9C%AC%E7%BE%8E%E5%85%B8/dp/4585225552
という題の安本みのり著新刊本の案内があった。
統計学はそういうそうな。

また、八女市政だよりにはこんな話題も。

2月28日、市民劇。
題は、筑紫の磐井と百済の武寧王。
みたいあなたは、ぜひ、八女まできてください。

« 平成27年度介護報酬改定(46)介護療養型医療施設に新設の評価項目 | トップページ | まだ車が沢山、残業お疲れさまです »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: What’s 時間学 ? (その47) 続・「天文年間」:

« 平成27年度介護報酬改定(46)介護療養型医療施設に新設の評価項目 | トップページ | まだ車が沢山、残業お疲れさまです »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31