無料ブログはココログ

« 八女市清水町の信号 | トップページ | What’s 時間学 ? (その47) 続・「天文年間」 »

2015年2月17日 (火)

平成27年度介護報酬改定(46)介護療養型医療施設に新設の評価項目

平成27年度介護報酬改定(46)

Share on Facebook


介護療養型医療施設については、介護療養型医療施設が担っている機能を重点的に評価するとして、新設の評価項目があります。
<療養機能強化型A(多床室)>
要介護度1 778 単位/日
要介護度2 886 単位/日
要介護度3 1,119 単位/日
要介護度4 1,218 単位/日
要介護度5 1,307 単位/日
<療養機能強化型B(多床室)>
要介護度1 766 単位/日
要介護度2 873 単位/日
要介護度3 1,102 単位/日
要介護度4 1,199 単位/日
要介護度5 1,287 単位/日
算定要件は次の通りです。
<療養機能強化型A>
○次のいずれにも適合すること。
(1)算定日が属する月の前3月間における入院患者等のうち、重篤な身体疾患を有する者及び身体合併症を有する認知症高齢者の占める割合が100分の50以上であること。
(2)算定日が属する月の前三月間における入院患者等のうち、喀痰(かくたん)吸引、経管栄養、又はインスリン注射が実施された者の占める割合が100 分の50 以上であること。
○算定日が属する月の前3月間における入院患者等のうち、次のいずれにも適合する者の占める割合が100 分の10 以上であること。
(1)医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがないと診断した者であること。
(2)入院患者又はその家族等の同意を得て、入院患者のターミナルケアに係る計画が作成されていること。
(3)医師、看護師、介護職員等が共同して、入院患者の状態又は家族の求め等に応じ随時、本人又はその家族への説明を行い、同意を得てターミナルケアが行われていること。
○生活機能を維持改善するリハビリテーションを行っていること。
○地域に貢献する活動を行っていること。
(療養病床を有する病院)
○看護職員の数が、常勤換算方法で、入院患者等の数の合計数が6又はその端数を増すごとに1以上であること。
○介護職員の数が、常勤換算方法で、入院患者等の数の合計数が4又はその端数を増すごとに1以上であること。
(療養病床を有する診療所)
○看護職員の数が、常勤換算方法で、入院患者等の数の合計数が6又はその端数を増すごとに1以上であること。
○介護職員の数が、常勤換算方法で、入院患者等の数の合計数が6又はその端数を増すごとに1以上であること。
<療養機能強化型B>
○次のいずれにも適合すること。
(1)算定日が属する月の前3月間における入院患者等のうち、重篤な身体疾患を有する者及び身体合併症を有する認知症高齢者の占める割合が100分の50以上であること。(療養病床を有する診療所の場合は100 分の40 以上)
(2)算定日が属する月の前三月間における入院患者等のうち、喀痰(かくたん)吸引、経管栄養、又はインスリン注射が実施された者の占める割合が100 分の30 以上であること。(療養病床を有する診療所の場合は100 分の20 以上)
○算定日が属する月の前3月間における入院患者等のうち、次のいずれにも適合する者の占める割合が100 分の5以上であること。
(1)医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがないと診断した者であること。
(2)入院患者又はその家族等の同意を得て、入院患者のターミナルケアに係る計画が作成されていること。
(3)医師、看護師、介護職員等が共同して、入院患者の状態又は家族の求め等に応じ随時、本人又はその家族への説明を行い、同意を得てターミナルケアが行われていること。
○生活機能を維持改善するリハビリテーションを行っていること。
○地域に貢献する活動を行っていること。
(療養病床を有する病院)
○看護職員の数が、常勤換算方法で、入院患者等の数の合計数が6又はその端数を増すごとに1以上であること。
○介護職員の数が、常勤換算方法で、入院患者等の数の合計数が4又はその端数を増すごとに1以上であること。
又は
○看護職員の数が、常勤換算方法で、入院患者等の数の合計数が6又はその端数を増すごとに1以上であること。
○介護職員の数が、常勤換算方法で、入院患者等の数の合計数が5又はその端数を増すごとに1以上であること。
(療養病床を有する診療所)
○看護職員の数が、常勤換算方法で、入院患者等の数の合計数が6又はその端数を増すごとに1以上であること。
○介護職員の数が、常勤換算方法で、入院患者等の数の合計数が6又はその端数を増すごとに1以上であること。

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▽かささぎ日誌

工場のみどり十字や梅ふふむ

ふふむはつぼむ。
朝ラジオ体操をする広場のすみには国旗掲揚台があります。
棒は三本。
国旗、社旗、ミドリ十字の安全旗があがる。

« 八女市清水町の信号 | トップページ | What’s 時間学 ? (その47) 続・「天文年間」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 八女市清水町の信号 | トップページ | What’s 時間学 ? (その47) 続・「天文年間」 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31