無料ブログはココログ

« 国宝富貴寺へ行ける! | トップページ | 社会保障審議会 »

2015年1月23日 (金)

第3回21世紀出生児縦断調査~10年前と比べて

平成22年出生児縦断調査

Share on Facebook


第3回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)の結果が公表されました。
平成22年5月10日から24日に生まれた子どもについて、生活実態や経年変化の状況を継続的に観察し、平成13年出生児との比較を行う調査です。
少子化対策などの施策のための基礎資料を得ることが目的です。
第3回調査は、平成24年12月1日現在の状況についての調査で、調査時点での子どもの年齢は2歳6か月です。
該当児は37,582人いますが、そのうち32,380人から有効回答が得られています。
主な調査結果は次の通りです。
○母の就業状況の変化
職に就いている母の割合は46.5%で、平成13年出生児が同年月齢であった時(平成15年調査)の35.0%に比べ、11.5%高くなっています。
○子育ての相談相手
・親族や友人・知人以外の子育ての相談相手として多いのは、母が有職である場合は「保育士」が39.7%、母が無職である場合は「親子ひろば・子育てひろばなどの職員」が12.9%です。
○子どもの朝起きる時間・夜寝る時間
(括弧内の)平成13年出生児調査結果に比べ、早寝早起きの傾向が強くなっています。
朝起きる時間:
午前 6 時台 30.5% ( 18.1% )
午前 7 時台 46.9% ( 46.5% )
午前 8 時台 14.8% ( 22.6% )
夜寝る時間:
午後 8 時台 17.2% ( 10.4% )
午後 9 時台 49.2% ( 39.2% )
午後 10 時台 24.0% ( 31.8% )

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▽かささぎ日誌

イスラム国というのはほんとにそういう名前の国家(あるいはそれをめざしている団体組織)なんですね。
なんとなく、これまでの意識で、いつも火種の絶えないイスラム教のいくつかの国、だと漠然とおもっていたけれど、あらためて「」にいれられたイスラム国をしらべてみると、でるわでるわ。
わからん。よんでも、さっぱりわからん。わかりたくない。
ただ、時代のにおいだけ強烈に立ち込める。
戦国時代に逆戻りだ。

ひとことだけ。

どうか、ころさないでください。
日本を敵にまわさないでください。

« 国宝富貴寺へ行ける! | トップページ | 社会保障審議会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3回21世紀出生児縦断調査~10年前と比べて:

« 国宝富貴寺へ行ける! | トップページ | 社会保障審議会 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31