無料ブログはココログ

« 平成27年度医療保険制度改革(3)(4)負担の公平化,入院食一食200円アップ! | トップページ | 恵方巻予約戦線にそっとしのばす介護食 »

2015年1月13日 (火)

平成27年度当初予算案

平成27年度当初予算案

Share on Facebook


総選挙の影響で例年より遅くなりましたが、来年度予算案が固まりました。
14日に閣議決定されます。
一般会計の歳出総額は昨年度当初予算より4600億円増えて96兆3400億円です。
当初予算としては過去最大規模ですが、26年度補正予算案(3兆1180億円)と27年度当初予算案の総額は100兆円以下となります。
当初予算と前年度補正予算の総額が100兆円を下回るのは4年ぶりです。
歳出の内訳は、国債費23兆4500億円(前年度当初比1800億円増)、政策経費(基礎的財政収支対象経費)72兆8900億円(2800億円増)です。
国債の元利払いに充てられる国債費は、市場の低金利が反映され、伸びが小幅となっています。
政策経費の内訳は、地方交付税交付金15兆5400億円(6100億円減)、公共事業費5兆9700億円(15億円増)、文教・科学振興費5兆3600億円(7百億円減)、防衛費4兆9800億円(1千億円増)、社会保障関係費31兆5300億円(1兆円増)などです。
歳出には「まち・ひと・しごと創生事業費」1兆円も新設計上されています。
地方への手厚い予算配分により、安倍政権の地方創生が後押しされます。
地方交付税交付金は、景気回復に伴う地方税収増により、財政補填が軽減されます。
最大の歳出項目である社会保障費は、子育て支援策の拡充と高齢化に伴う自然増等のため、1兆円の増加です。
高齢化に伴う自然増分は、介護報酬引き下げ(2.27%)などの制度改正によって1700億円圧縮されます。
歳入は、税収54兆5300億円(4兆5200億円増)、税外収入4兆9500億円(3200億円増)、新規国債36兆8600億円(4兆3900億円減)です。
税収の大幅な伸びには法人税収が寄与しています。
新規国債の内訳は、建設国債6兆円、赤字国債30兆8600億円です。

(保健医療経営大学 学長ブログ転載)

▽かささぎ日誌

きのう、東妙寺らんがきた。
母がピザをすきだといったら、もってきてくれた。
ストーブの上であたためなおし、カリカリにして頂く。
ありがとう。
おととい、たちきの新年句会にはじめて小倉まで出向いた由。
瀧春樹先生が以前おあいしたときより、わかくなっておられた、と。
ふうん。それはそれは。お元気になられたのでしょうね。
何年になるかなあ。らんさんを連れて入会手続きにいった日。
先生とおくさまが二人そろって杖をひいて出て見えたっけ。
下毛郡の三光村(当時)までの道。
北九州句会のかたがたとは一度句会をしたことがありました。
またお誘いしたら、みなさんきてくださるかもしれませんね。

おくさまはご病気なんだろうか、いらしてなかったと。
先生以上に才能ある俳人でいらっしゃいます。(失礼。

では、ことしもよろしく。

帰宅後、石人さんの質問を杉山洋先生にしてみよう。
それと、ふたつ資料をうちこまねば。しちしとう。

« 平成27年度医療保険制度改革(3)(4)負担の公平化,入院食一食200円アップ! | トップページ | 恵方巻予約戦線にそっとしのばす介護食 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年度当初予算案:

« 平成27年度医療保険制度改革(3)(4)負担の公平化,入院食一食200円アップ! | トップページ | 恵方巻予約戦線にそっとしのばす介護食 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31