無料ブログはココログ

« 個性 | トップページ | 組織としてのゴールデンボンバー サポート力&機能分化 »

2015年1月 1日 (木)

紅白で感動したうた

サザンの『ピースとハイライト』、

さわりは車のコマーシャルで耳にしてたが、全曲を聞いたのははじめてだった。

すごいなあ。こんなにさらっと政治的なメッセージを歌ってたのか。
やっぱり桑田はすごいね。

北村薫の『玻璃の天』に流れる音とも通底するとかんじた。

ピース」と「ハイライト」はそれぞれJTから発売されているたばこの銘柄であるが、「ピース」の「平和」[11]、「ハイライト」の「もっと日の当たる場所」[12]という意味をそのまま込めており、寺山修司作品のDVDを見てふと思いついたという。ちなみに「ピース」は桑田の父親が、「ハイライト」は桑田自身がかつて吸っていた銘柄でもある[10]。また、タイトル候補に「ラブ&ピース」もあったが、ありきたりだと感じ、現在の形になった[13]。(ウィキペディア)

また、長崎の被曝樟をうたった福山雅治『クスノキ』。
この歌もさらにふかくこころにしみた。

どちらも平和へのいのりのこもった歌だが、
福山の詞の方が間接的であるぶん、あとあと俳句のような響き方をする。

« 個性 | トップページ | 組織としてのゴールデンボンバー サポート力&機能分化 »

コメント

あけおめ、ことよろ。

全く同じ。
サザンのピースとハイライトの歌詞。
素晴らしかったね。
わたしはこの歌を今回初めて聞いた。
政治的な背景を見事に歌詞にして、この時代に生きる桑田さんが一番伝えたいメッセージなんだろうなと感じいった。

うんうん。それと。
かかなかったけどさ。
糸。中島みゆきの歌でしたね。
これすばらしい。
ネットでは森山直太郎のに感動した。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅白で感動したうた:

« 個性 | トップページ | 組織としてのゴールデンボンバー サポート力&機能分化 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29