無料ブログはココログ

« つかこうへいだったのか! | トップページ | 長江予告編 »

2014年12月18日 (木)

平成27年度介護報酬改定(22)  福祉用具

平成27年度介護報酬改定(22)

Share on Facebook


介護給付費分科会で示された「福祉用具の報酬・基準について(案)」についてです。
これまでの議論において次のような意見がありました。
○介護人材確保の観点から、介護従事者のイメージアップとして、ロボット介護が出来る、テクノロジストであるということが、リスペクトにつながる。
○女性や中高年の介護現場への参入ということも考えて、アシストスーツのようなものの導入も考えていただきたい。

論点と対応案は次の通りです。
<論点1>
給付の効率化・適正化の観点から、貸与事業所が複数の福祉用具を貸与する場合において、予め都道府県等に減額の規定を届け出ることにより、通常の貸与価格から減額して貸与することを可能にしてはどうか。
(対応案)
都道府県に提出する運営規程(利用料)について、複数の福祉用具を貸与する場合に価格を減額する規定の届け出を行うことが出来ることとする。

<論点2>
自立支援に資する福祉用具の提供を推進する観点から、福祉用具専門相談員の指定講習内容の見直しを踏まえ、現に従事している福祉用具専門相談員について、福祉用具貸与(販売)に関する必要な知識の修得及び能力の向上に常に努めなければならないとする自己研鑽の努力義務規定を設けてはどうか。
(対応案)
福祉用具専門相談員の質の向上の観点から、福祉用具貸与(販売)に関する必要な知識の修得及び能力の向上に常に努めなければならないとする自己研鑽の努力義務規定を設ける。

(保健医療経営大学 学長ブログ)

介護人材確保の観点から、介護従事者のイメージアップとして、ロボット介護が出来る、テクノロジストであるということが、リスペクトにつながる。
女性や中高年の介護現場への参入ということも考えて、アシストスーツのようなものの導入も考えていただきたい。

こういうの、意外とだいじなんだよね。
地味できつくて金銭的にはちっともむくわれない仕事、
だからこそたのしくありたい。
げんきにみちててほしいよ。

と、はなみずすすりあげつつ、おもった。ズズーッ

▽もうすでにこういうことができる世のなかになってた!

ロボットレッグであるける!http://www.daiwahouse.co.jp/robot/hal/index.html

総合サイト:http://robotcare.jp/

アシストスーツ:http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/Special/assist_suit/

ごめん営農用だった。

http://www.upr-net.co.jp/suit/

ごめん物流用だった。

介護用、でないね。

http://nge.jp/2014/08/26/post-4556

http://www.cyberdyne.jp/products/HAL/

« つかこうへいだったのか! | トップページ | 長江予告編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年度介護報酬改定(22)  福祉用具:

« つかこうへいだったのか! | トップページ | 長江予告編 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31