無料ブログはココログ

« チーズサンドとバナナオレ | トップページ | 新党改革の医療政策(政権公約) »

2014年12月13日 (土)

ベートーヴェンのテンペストと南こうせつの夢一夜

« チーズサンドとバナナオレ | トップページ | 新党改革の医療政策(政権公約) »

コメント

大好きな歌の一つです。
佐賀の文化会館で、生歌を聞いた時は感激しました。

作詞は阿木洋子さんだったんですね。もしかしたら遊郭の女の歌かしら。。。なんて思ってしまいました。

こうせつさんがおっしゃるには、資生堂から歌の依頼がきて、この歌詞をよんだとき、ぐっときたんですって。でもどうしても曲がうかばない。そんなとき奥さんが聴いてた曲が耳に残って離れなくなり、よし、これでいこうと。それがテンペストの第三楽章だったそうです。きいてるとたしかにそうですよね。
あきようこさんってさ。西日本新聞に50回の随想を連載されてたけど、多彩な人ですね。大胆でいて繊細。内藤やす子さんに関する一文、印象的だったし、スカイツリーという名称に決定したのにも、この人がいたことが大きいんだって。

ここ。

スカイツリー、ジャックと豆の木を連想させ、夢があってよい、と、あきさんは言ったらしいです

ときによまれてます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェンのテンペストと南こうせつの夢一夜:

« チーズサンドとバナナオレ | トップページ | 新党改革の医療政策(政権公約) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29